はたらく細胞フレンド 1 別冊フレンドKC

和泉みお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065155226
ISBN 10 : 4065155223
フォーマット
出版社
発売日
2019年06月07日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
160p;19

内容詳細

大ヒット細胞擬人化ファンタジーの新スピンオフは、怖キャラなキラーT細胞が主人公♪ 泣く子も黙る体内の殺し屋は、ともだちがほしい! キャラ変したい! オフがあったらあそびたい!! ひとりカラオケ・鍋パにスマホ…現代ツールを使いこなす細胞たちの日常コメディ☆

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムーミン2号 さん

    「はたらく細胞」のスピンオフ作品。キラーT細胞の班長が主人公で、実は彼は強面キャラを演じている。本当は恋愛映画も好きだ(できれば18禁のDVDも見たい)、合コンにも行きたい、高いところは苦手、もともと小心者、なぜか花粉症…。これらが部下に暴露されるのを恐れている、そのため巻き起こるドタバタ劇を描いた作品で、あくまでそちらが主であって、体内の細胞や赤血球、血小板、白血球、その他がどういう働きをしているか、などは必要最低限、情報があるくらい。この後も続く(今年の秋に第2巻発売)みたいだ。

  • かなっち さん

    笑った〜!久しぶりに大笑いしました。この『フレンド』編は、孤独なキラーT細胞の班長が主役です。『フレンド』と付くだけあって、班長の周囲とのお付き合いにスポットが当たっているのですが…。この班長が実に面倒くさい性格で、でも可愛くて憎めません。なので、なかなかお友達ができませんが、今後も見守っていきたいです。ただ、細胞の働きなんかのお話が少ないので、今までと違う感じですね。そういえば、本編の新刊ってもう出ないんでしょうか…。本編のシリーズが一番好きなので、ずっと待ってるんですが…。

  • トーハル さん

    『はたらく細胞』のスピンオフ。仕事から離れた細胞たちはきっとこんな感じなんだろうなあ、という温かい目で見るといいと思います。とはいえ元が『はたらく細胞』なので役目を果たすシーンもあるけれど、基本的には「裏話」的な風味。今巻は「キラーT細胞」が主役。周囲から恐れられていることを自覚しつつ、自我と他者との融和の狭間で揺れ動く感じが好きです。

  • なみキミ さん

    本家のキラーT細胞と比べるとめんどくさいヤツだな。スピンオフ多すぎる。

  • てんとうむし さん

    なんかスピンオフばっかり。でも何故か本編が一番読みにくいんだよね......なんでだろ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品