総合ランキング: 125位 / コミックランキング 29位

鬼滅の刃 11 ジャンプコミックス

吾峠呼世晴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088813998
ISBN 10 : 4088813995
フォーマット
出版社
発売日
2018年06月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

上弦の陸の兄妹鬼、妓夫太郎と堕姫との花街での戦いは熾烈を極める。次第に柱の宇髄と連携がとれる炭治郎たちだが、宇随や伊之助、善逸は鬼の凶刃に倒れてしまう。仲間が倒れた今、炭治郎は二人の鬼を打ち破れるのか!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    前巻から2巻分以上戦闘シーンで、燃えたけどそのぶん読み疲れしたなあ。激しい闘いのあと、余韻のようなエピソードを入れてくるのが上手いです。

  • 眠る山猫屋 さん

    まるまる一冊上弦・陸(ロク)の兄妹との死闘。宇髄も炭治郎たちも満身創痍。それでも誰かが死命の狭間をかろうじて救う展開が続く。ギリギリ過ぎて息が詰まります、グハッと。この切迫感は最高!そして訪れる鬼兄妹のエピローグ。最下層で生き延びた二人の、それしかなかった道程が・・・。ジャンプで許されるかどうかギリギリな線の悲愴。宇髄さんは引退できないだな、可哀想だけど良かった〜。

  • 歩月るな さん

    「とりあえず俺は頸持って逃げ回るからな!!」忍びっぷり甚だしく毒の打ち合い一歩間違うだけで死ぬ緊迫した戦闘状態の中でも伊之助と善逸の会話が交わされるだけでとても癒される。普通にやり取りできている。何だか十一巻になるまでにそういう雰囲気になってしまった。近頃ちょっと出番が少なかったからその反動かもしれないのだが、目を見張るほどの大活躍。それでも鼻提灯をひっさげる善逸のビジュアル面。頸持って逃げ回るのが戦術として機能するなんて、なんて少年漫画だよと思いつつも、やっぱり慣れてしまうんだな、こういう感覚って奴に。

  • よっち さん

    満身創痍の総力戦でどうにか上弦陸の兄妹を撃破したけど、これでも相手はまだ上弦の六番目なんですよね...。宇髄さんはもう引退するしかないだろうし、嫁たちと幸せになってくれればいいと思うけど、それにしてもこれからどれだけ仲間が死ぬのか...茨の道ですね。

  • あこさん さん

    遊郭編クライマックス。禰豆子の血気術(解毒 治癒)凄い、そして幼児型の禰豆子は本当に可愛い。堕姫と妓夫太郎の鬼になるまでのエピソードと2人で地獄に堕ちていくとこがよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

吾峠呼世晴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品