社長は労働法をこう使え! プロ弁護士が教えるモンスター社員・ぶら下がり社員へのリアルな対応事例

向井蘭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478017043
ISBN 10 : 4478017042
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
248p;19

内容詳細

誰も書かなかった司法のホンネ。法律と現実のズレはこうしのぐ。

目次 : はじめに 一人で悩む社長のために/ 社長のための労働法入門/ 社長なら知っておきたい労働法の新常識/ 「もめる会社」は決まっている/ 「もめる社員」も決まっている/ トラブルが起きたらどうするか/ そもそもトラブルをどう防ぐか/ ぶら下がり社員、モンスター社員を解雇する方法

【著者紹介】
向井蘭 : 1975年山形県生まれ。東北大学法学部卒業。2003年に弁護士登録。狩野・岡・向井法律事務所所属。経営法曹会議会員。労働法務を専門とし、解雇、雇止め、未払い残業代、団体交渉、労災など、使用者側の労働事件を数多く取り扱う。企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務めるほか、『ビジネスガイド』(日本法令)、『労政時報』(労務行政研究所)、『企業実務』(日本実業出版社)など数多くの労働関連紙誌に寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kubottar さん

    経営者の為のブラック社員対処法の本。それは“正社員”という立場を既得権益化してるモンスター・ぶら下がり社員と呼ばれる輩で確かにいます。ブラック会社に対する本は山ほどあるが、その逆は少ないのでかなり参考になった。まあ、色々と反論もあるかもしれないが労働法を勉強することが経営者、労働者双方にとって大事なのことなのだと理解できた。

  • 葉 さん

    労働法が契約自由の原則を制限するとして、意図的に現れるモンスター社員や会社の乗っ取りがあり、本当に労働者は弱いのかという疑問を投げかけている。時間外労働と深夜労働は25%、休日労働は35%などの割り増しがある。退職推奨は自由にできるとしている。やはり経営者側の弁護士は少ない。解雇裁判は、解雇から仮処分、本訴、一審敗訴、二審敗訴を2年ほどで過ぎるという例が挙げられている。問題を発生させないためにも「へんだな」と思う人を採用しないこと、メンタル的な面を考慮すべきであるとしている。

  • 復活!! あくびちゃん! さん

    確かにひどい社員もひどい経営者もいるのだが、それを少しでも解消すべく、日本の労働法制を、現在の労働環境に当てはめるのであれば、解雇規制を緩める代わりに、配転規制や残業規制を厳しくするべきという著者の提言は正しいと思う。まぁ、文章上はさらっと書いてあるが、実際の現場は本書よりもっとドロドロしているんだけど(笑)。

  • えちぜんや よーた さん

    著者は労働法を専門とし主に経営者側の依頼を受けて弁護活動をされていますが、本書の内容は労働法の扱いに関しては、中立的な内容だと思います。 労働経済のことについては触れられていませんが、行間を読んでると昨今の情勢をよく汲んでおられると思います。かいつまんで言えばある程度は「常識に照らし合わせて物事を判断してください」ということをおっしゃりたいのではないのでしょうか?

  • リョウ さん

    労働法上の紛争の対策、予防策について、経営者側の視点から解説した本。経営者として心がけておくべきことがいろいろと書かれている反面、本当にここまでやって大丈夫なのか?ということもかかれている(配置転換等は自由にできるなど)。ただ、労働紛争について労働者側の弁護士が多くなり、経営者にとって不当な要求がなされることが多くなった時代においては、経営者としては最低限この程度の知識を持っておくことが必要かもしれない。もちろん、ベストなのは紛争など生じずに働きやすい環境を提供し続けることができることなんだろうけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

向井蘭

1975年山形県生まれ。東北大学法学部卒業。2003年に弁護士登録。現在、杜若経営法律事務所所属。経営法曹会議会員。企業法務を専門とし、解雇、雇止め、未払い残業代、団体交渉、労災など、使用者側の労働事件を数多く取り扱う。企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務める(本データはこの書籍が刊

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品