戦後と災後の間 溶融するメディアと社会 集英社新書

吉見俊哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210385
ISBN 10 : 4087210383
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;18

内容詳細

◆推薦◆
御厨貴氏(政治学者)
「戦後と災後の実相に迫り日本の今を語る。吉見、冴えてるな!」

中村桂子氏(生命誌研究者)
「ポピュリズムの時代。私たち一人一人が考え、賢くならなければ未来はない。「災後」を「戦後」に重ね合わせ、そこで起きる日々の社会事象の本質を語る本書は、考える時のよき指針となる」

◆主な内容◆
2013−2018年に起きた出来事を補助線に
2020年以後の世界を見通す!

【2013】
◎薄れゆく原発事故の記憶
◎深まる孤立と対米従属
◎グローバルな情報監視と市民的自由
◎文化的成熟が問われる東京五輪
◎著作権保護は文化創造の精神で
◎「国民の知る権利」と公文書管理

【2014】
◎展望なき米軍基地・辺野古移設問題
◎NHK会長発言と公共放送の使命
◎3.11の記録を統合する記憶庫を
◎「集団的自衛権」という言葉の怪
◎マレーシア機撃墜「戦争」と「日常」の間は十数秒
◎100年の時間軸で考える「地方創生」

【2015】
◎恐怖の劇場国家「イスラム国」
◎知的強靭さを育てる教育とは
◎安倍首相の米会議演説が示す日本外交の陥穽
◎安保法案と「お守り言葉」
◎国会前のデモに見る未来の兆候
◎翁長沖縄県知事の覚悟
◎「成長戦略」よりも「成熟」の未来像を

【2016】
◎1950年代を演じる北朝鮮
◎メディアが生んだトランプ現象
◎「パナマ文書」とビッグデータ時代の調査報道
◎混迷する都政に求められる「持続可能性」への転換
◎「ポケモンGO」と空間の混乱 現実と仮想
◎ゴジラの問い シン・ゴジラの問い
◎孤立主義の抗するのはグローバルな協働

【2017―2018】
◎収縮の時代の排他的病理 進むのは世界の多極化
◎「嘘八百」米大統領に見るポスト真実化
◎加計学園問題と「政治主導」の暴力
◎25年前に遡る「小池ブーム」の正体
◎北朝鮮ミサイルで増す米国世論の危険性
◎「寛容な保守」と「現実的なリベラル」の間で
◎「平成の終わり」で終わらない歴史の時間
◎大学の2018年問題 未来への鍵は授業の質
◎「災後」の未来 何が変わりつつあるのか

◆目次◆
第一章  記憶の災後――情報は誰のものか 2013年4月〜12月
第二章  縮む「戦争」と「日常」の距離 2014年1月〜12月
第三章  対話を封殺する言葉――「イスラム国」と日米同盟 2015年1月〜12月
第四章  仮想のグローバルディストピア 2016年1月〜12月
第五章  ポスト真実化する社会のなかで 2017年1月〜2018年3月

◆プロフィール◆
吉見 俊哉(よしみ しゅんや)
一九五七年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。ハーバード大学客員教授。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専門としつつ、日本のカルチュラル・スタディーズにおいて先導的役割を果たす。著書に、『都市のドラマトゥルギー』『博覧会の政治学』『親米と反米』『ポスト戦後社会』『万博と戦後日本』『夢の原子力』『大学と何か』『「文系学部廃止」の衝撃』『『大予言 「歴史の尺度」が示す未来』など。


【著者紹介】
吉見俊哉 : 1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。ハーバード大学客員教授。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専門とし、日本のカルチュラル・スタディーズにおいて先導的役割を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星辺気楽 さん

    大震災からの日本と世界の動向をワンフレーズごとにまとめてあり、大変読みやすかった。日本のことをもっと書いてほしかった。

  • Y. Nishikawa さん

    コラム集。 災後、とは。敗戦との関係は。 社会問題が計時的に追えた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品