BANANA FISH ANOTHER STORY 小学館文庫

吉田秋生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091911827
ISBN 10 : 409191182X
フォーマット
出版社
発行年月
1997年12月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
16cm,302p

内容詳細

感動のストーリー、バナナフィッシュ番外編

アッシュの死から7年。NYで暮らす英二とシンはいまだアッシュの死の影から逃れられずにいた…。『BANANA FISH』のラストを飾る名作『光の庭』、ショーターとアッシュの少年刑務所の日々『ANGEL EYES』、ブランカとアッシュが初めて出会う『PRIVATE OPINION』、棒高飛び選手・英二が空に舞う一瞬『Fly boy,in the sky』など、奇跡のような生を駆け抜けたアッシュ・リンクスがよみがえる珠玉の5ストーリー。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バナナフィッシュ番外編だけを集めた名作で...

投稿日:2021/02/23 (火)

バナナフィッシュ番外編だけを集めた名作です。番外編ですが、完結編と思える話もあり、泣けるしいろいろな意味で救われた気持ちになります。これを読むとまた本編が読みたくなります。久しぶりにバナナフィッシュを読みたい方、是非おススメです。

simsim さん | 京都府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    文庫版11巻を読み終えて、バナナフィッシュの番外編があることを知り、余韻が残っているうちにと思って読んでみた。アッシュとショーター、ブランカ、そして英二と伊部、それぞれの出会いと、あれから7年後の英二とシンが描かれた短編集。出会いを描いた3編は、彼らの関係がより理解することができる。そして、7年後の短編は、まさに鎮魂と再生の物語だったが、バナナフィッシュのラストの場面についていろいろな受け取り方ができると思うが、そのラストの場面を確定しまうことになり、それを望まない人は読まない方が良いかもしれない。

  • ちゃりんこママ さん

    後日譚が出てるって知らないで20年近く経っていました…脱力の一冊。「バナナフィッシュ」の頃は大友克洋風で、画面は白っぽいのに内容は濃いという印象だったけど、段々持ち味が出てくる面白い作品だった。アッシュの登場でその後の美少年のイメージがガラリと変化したよね。14歳のアッシュが見られて満足…しかし少年刑務所とはね。吉田先生はデビュー当時から甘さの無い作家さんだと、つくづく思う。

  • さとまみ(コミックス&BL小説専用) さん

    「光の庭」には泣かされた。本当にアッシュは居なくなったんだって、でも皆の中で生きてるって…。アニメ化ちゃんとしたものにしてくれよ。端折ったり、変な色つけたりしないで!_|\○_オネガイシヤァァァァァス!!

  • すみの さん

    ショーターとアッシュの出会い『ANGEL EYES』。ブランカがアッシュの師となる経緯『PRIVATE OPINION』。伊部が棒高跳び選手として高校生・英二を被写体に選んだ『Fly boy,in the sky』。アッシュの死後、彼の面影を探し、とらわれ続ける英二とシン。彼の死を「夜明け」として次のステップをようやく踏み出そうとする彼らの話がやはり一番感動。『うらBANANA』は面白かった!

  • アルピニア さん

    本屋さんでフェアをやっていた。懐かしくて番外編のみ購入し、再読。アッシュ、ショーター、英二、シン、そして大好きなブランカ。久しぶりの再会でも皆んな変わることなくステキだった。そう感じることができた自分も嬉しかった。そして「光の庭」はやはり何度読んでも泣けた。「他人のギリギリのSOSってやつをなんて敏感に感じ取るんだろうな」本編のいろんな場面がフラッシュバックした。「海街Diary」とは全く違うジャンルだが、ヒトが密かに抱えている心の闇のようなものが救われる場面が出てくるところは同じだなぁ・・と感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田秋生

東京都出身。1977年、別冊少女コミック「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。「吉祥天女」ほかで第29回小学館漫画賞を、「YASHA―夜叉―」で第47回小学館漫画賞を、「海街diary」で第61回小学館漫画賞および2013年マンガ大賞を受賞。現在は月刊flowersにて大活躍中(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

吉田秋生に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品