いつかはぼくも

吉田瑠美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784337027015
ISBN 10 : 4337027017
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18

内容詳細

ぼくのおとうさんすごいんだよ。ライオンやクジャク、キリンにペンギン…。いろいろないきものたちが、おとうさんのすごいところをおしえてくれますよ。

【著者紹介】
よしだるみ : 東京都出身、幼少期をニューヨークで過ごす。青山学院女子短期大学芸術学科卒業後、京都に移住したのを機に絵を改めて描き始める。現在は中国武術講師、絵画教室講師を務めながら作品を発表している。手がけた絵本に「はじめてのほんやさん」(垣内出版)ほか、絵の仕事に2018年浄土真宗カレンダー作画などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いろいろな動物が覚えられます。 パパと子...

投稿日:2021/06/13 (日)

いろいろな動物が覚えられます。 パパと子供の本なので、娘はこの絵本をパパに読んでもらうのがとても大好きです。 優しい気持ちになる素敵な一冊です。

ちっちゃんママ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くぅ さん

    素敵な絵本めーっけ!の今日でしたが、その一冊めはこちら。お父さんに憧れたり、お父さんへの愛がたっぷりの一冊。字は少なめだから1歳くらいから楽しめる。父と子の読み聞かせにオススメしたい。(3歳10ヶ月)

  • たーちゃん さん

    【絵本ナビ】いつかはぼくもお父さんみたいになりたい!だなんて息子に言われたら、夫は大喜びだろうな。こちらも心がほっこりする絵本でした。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    父親としてお薦めするには、恥ずかしさいっぱいの絵本です。 これだけ父親を持ち上げた絵本は、あまりないのではないでしょうか。 父親はかくあらねばならないと、暗にほのめかしている、お母さんの隠謀でしょうか。 おまけに、「おとうさんがんばれー」と声援を受けて、しまいに「だいすき!」とまで釘を刺されたのでは、理想のお父さんを目指すしかないじゃないですか。 絶対お父さんは読み聞かせ出来ません。 お父さんのいないところで、お母さんに読んでもらってください。

  • 鴨ミール さん

    近くの図書室にありました。絵に惹かれますね。サイズも子どもが持つのには良い小ささです。人間のお父さんはお休みの様子。それでも子どもにとっては大好きなお父さん。いつも、思うのだがお話会でお父さんお母さんが主人公の絵本を読んでいいのだろうか?今どきは両親揃っている家庭ばかりではないのでね。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    よしだるみさんの描く生きものたちのファンになってしまいました。浄土真宗のカレンダー(2018年)の作画もされていたなんて!登場する「おとうさん」たちみんなステキ!ぼくのお父さん、読んだ子たちもみんな大好きだといいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品