究極のCD200 クラシックの自由時間

吉松 隆(1953-)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784054045033
ISBN 10 : 4054045030
フォーマット
発行年月
2010年03月
日本
追加情報
:
19cm,251,5p
252p 四六版

商品説明

CMやBGМなど、誰もが耳にしたことのある名曲を通して、クラシック音楽を楽しむためのコツを知ることができるディスクガイド。作曲家や楽器別、国別、あるいは演奏方法などのキーワードから注目すべきポイントを抽出、聴き所をわかりやすく解説する。

内容詳細

目次 : はじめに / 凡例 / 略号一覧 / ◆第1時限 誰でも知ってるクラシック名曲 / ◆第2時限 誰かは知ってるクラシック名曲 / ◆第3時限 作曲家に歴史を聞く / ◆第4時限 演奏家に楽器を聞く / ◆第5時限 研究家に理屈を聞く / ◆第6時限 通になるためのクラシック名曲 / ◆第7時限 マニアになるためのクラシック名曲 / 20世紀のウラ名曲ベスト3 / 執筆者プロフィール

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
古今東西の多くの名曲について、ちょっとア...

投稿日:2018/01/24 (水)

古今東西の多くの名曲について、ちょっとアイロニーを交え面白く書かれていて、一気に読めました。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mya* さん

    実は紹介ページ隅々まで全て読んだわけじゃないけれど…。自分の興味ある作品の薀蓄が、どう語られているか興味あって(^^)。本編もだけど、「休憩時間」「お昼休み」「放課後」と題されたマメ知識、雑談コーナーのあれこれが面白く、今後の楽しみが広がった。ご贔屓の樫本大進の名前も挙がっていたか。嬉しいwここに紹介されているものをひとつひとつ検証しだしたら読メにはもう来れないかも。老後の楽しみにしよ。

  • barcarola さん

    結局、名盤って人それぞれ。本編もさることながら「休憩時間」「お昼休み」「放課後」のページが面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉松 隆(1953-)

1953年東京生まれ。慶應義塾大学工学部を中退後、一時松村禎三に師事したほかは、ロックやジャズのグループに参加しながら独学で作曲を学びます。1981年に「朱鷺によせる哀歌」でデビュー。いわゆる「現代音楽」の非音楽的な傾向に反発した「世紀末抒情主義」を主唱し、5つの交響曲、5つの協奏曲、オーケストラのための<鳥の四部作>を始めとする室内楽作品、<モノドラマ>などの舞台作品、邦楽曲など多くの作品を発表

プロフィール詳細へ

吉松 隆(1953-)に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品