甦る「古代の王朝」 出雲国風土記が語る神話の真実

吉岡節夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907895518
ISBN 10 : 4907895518
フォーマット
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
299p;19

内容詳細

スサノオがいた「ソシモリ」はどこにあるのか?オオクニヌシは、越やヤマトを支配した?古代神道の「精霊崇拝」が蘇る。卑弥呼は「道教」を学び、鬼道となった。出雲国風土記が語る神話の真実。

目次 : プロローグ 甦る「古代の王朝」/ 第1部 出雲から大和への歩み(出雲国の国づくり/ 出雲国の国譲り)/ 第2部 律令国家への歩み(ヤマト時代/ 飛鳥時代/ 奈良時代)/ 第3部 仏教の光と陰(蘇我氏の出自と栄光と挫折)/ 第4部 現代に甦る道教(「道教」と卑弥呼)

【著者紹介】
吉岡節夫 : 1953年、島根県松江市生まれ。BRLM高速学習アカデミー学院長。日本応用心理学会会員、元聖徳大学公開講座講師。一般財団法人BBトラスト理事(ネパールへの教育支援)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nori さん

    Disappointed since it is just like low level textbook in junior high school. If author wants to write truth of Mythology, he must study the actual situation of Korean peninsula and chart of various clans as well as difference of 記紀 especially in 神代.

  • Kazuhiro Okamoto さん

    知ってる話が多かったので、斜め読み。興味深いのは、「上伽耶が遅れて渡来し、建国を目指して東へ進軍していった。これが神武天皇の東征である」、「神武以前に渡来して、九州に残った伽耶人を隼人というようなった。つまり、隼人は天皇と道祖ということができる。」と、はっきり書かれていることである。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品