賢者の孫 Extra Story 伝説の英雄達の誕生 ファミ通文庫

吉岡剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047348882
ISBN 10 : 4047348880
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
319p;15

内容詳細

アニメ化企画進行中! 『賢者の孫』の外伝が登場!!

シンがマーリンに出会う三十五年前。当時のアールスハイド高等学院では問題児マーリン、才女メリダ、秀才カイルが慌ただしくも騒がしい学院生活を送っていた。そんな中、野外実習での出来事からマーリンとメリダは恋人同士に。その報告を受けたカイルは二人を祝福しつつも、マーリンに嫉妬心を燃やし始める。そして卒業を迎え、マーリンとメリダはハンターに、カイルは魔法師団の道へと進むのだが……。超人気シリーズ『賢者の孫』の外伝がついに登場!!

【著者紹介】
吉岡剛 : 趣味で小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nawade さん

    ★★★☆☆  じいちゃんこと、若かりし頃の賢者・マーリンを描いた賢者の孫外伝。Web版では未完であった外伝が書き足しで完結。今ではばあちゃんに頭が上がらないマーリンだが、若かりし頃はワイルドでイケイケとなかなかギャップが凄い。メリダも眼鏡美少女で彼女の方がマーリンに熱を上げていたというのは、今の関係と比較して面白いですね。そして、最初の魔人に関わる悲劇。本編と違い緩さの薄いシリアス風味な外伝、Web版最新話と少しクロスするので、マーリン達が何に対して怒っていたのか、これを読むと理解できる構成になっている。

  • 真白優樹 さん

    本編での名コンビ、マーリンとメリダの若かりし頃を描いた今巻。―――あの日の悲劇、それは忘れ得ぬ過去。今の関係と比べてみると余りのギャップに面食らいそうな二人の関係。そして若かりし頃の2人を見ていると、シンにも確かにこの気質の一端は伝わっていると思われる。そんな中、今のように制度が出来ていない中での悲劇、2人にとって消えない傷が描かれる今巻。あの日の事を忘れられぬ、だからこそあの時に激怒した。だが、2人にとっての受難はまだここからなのかもしれない。称号を得た2人の行末は何処へ。 うん、面白かった。

  • カラクリ さん

    どこのブラック企業だよ。保身しか考えないやつは現実でもファンタジーでも見苦しい。爺さん婆さんの過去だしゆるい感じかと思ったらかなり重い話だった。シンプルに恥ずかしいってのもあるだろうけど、二つ名が嫌なのには別の理由もあるんだろうね。

  • ちいたけ さん

    賢者と導師の青春物語からの〜〜辛い選択。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉岡剛

元々はナレーターを目指して上京。小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

吉岡剛に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品