虚構世界はなぜ必要か? SFアニメ「超」考察

古谷利裕

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784326851966
ISBN 10 : 4326851961
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
292p;19

内容詳細

現実は変えられないという「現実主義」に抗するためにフィクションは意味をもち得るか。フィクションについて考えることは、夢を見ることに、あるいは夢について考えることに似ています。そして、現実主義者は、そのようなことには意味がないしくだらない、あるいは、無責任で害悪でさえあるというでしょう。それに対しわたしたちは、そのような現実主義の態度こそがわたしたちの現実を堅く貧しくしているのだと反論することはできるのでしょうか。「はしがき」より

目次 : フィクションの価値低下のなかでフィクションを問うこと/ ネットもスマホもなかった世界から遠く離れて―『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』『エンドレスエイト』『魔法少女まどか☆マギカ』/ 冥界としてのインターネット―『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』1/ SFとオカルトの相補性、ホラーとオカルトの相違―『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』2/ 仮想現実とフィクション―『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』1/ 多平面的で媒介(間接)的な接触―『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』2/ 相対性理論的な感情―『ほしのこえ』と『トップをねらえ!』/ 日常としての異世界・中二病―『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』1/ 遊技の現実的な作用―『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』2/ 量子論的な多宇宙感覚―『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』1〔ほか〕

【著者紹介】
古谷利裕 : 画家、評論家。1967年、神奈川県生まれ。1993年、東京造形大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 左手爆弾 さん

    個別の作品の読解はそれほど感銘を受けなかったが、全体のテーマは非常に興味深かった。今日では「現実」は非常に強力な固定されたものになってしまっている。一昔前までのように、革命や新しい王の誕生によって「世界が変わる」ということを描きにくい。そのような、現実とは別の世界としての「虚構」の意義はせいぜい気晴らしのようなものと見られている。そのような時代の中で、もう一度虚構の意義を多義的な視点から考え直す。

  • 田中峰和 さん

    現実主義に最も近い存在が私小説なら、それに抗するための遠い存在のフィクションは何だろう。著者が現実主義に抗する存在として、題材としたのがSFアニメの世界。序章で述べる中上健次論とSFアニメとのギャップが面白い。「岬」から始まる三部作のテーマを父殺しと定義し、主人公秋幸を体制内アウトローと対置する。そして70〜80年代、アウトロー的ヒーローの雛型として「傷だらけの天使」など私立探偵のブームとなった。86年に「あぶない刑事」が登場し、探偵の要素をもちながも体制内アウトローとして活躍する。SF論より面白い。

  • 渡邊利道 さん

    現実主義に抗する虚構の意義を論じる、というSFアニメ評論。科学・技術を鍵に、テーマごとに複数の作品を並列しつつ物語の構造を比較して論じていく。文章が大変明快で、論の範囲がきちっと確定されていてほぼ脱線もなく大変わかりやすい。その分意外性とか驚きとかにはやや薄いが「現実」と「虚構」の関係を色んな切り口で見せてくれる面白い評論だった。残念ながらアニメにはあまり興味がないので取り上げられている作品はほとんど未見なのだが、かなり物語を抽象化して語ってくれているのでほとんど気にならなかった。

  • TOMYTOMY さん

    フィクションとアニメーションの親和性の中での、可能性と多義性。 現実と圧倒的二次元という虚構の中で私たちがアニメを観るということ。 いくつか見たいというのと、面白い論もあった。

  • 栗林康弘 さん

    インポート

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品