平家物語 犬王の巻

古川日出男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025445
ISBN 10 : 4309025447
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
追加情報
:
200p;20

内容詳細

天衣無縫の能楽師・犬王と、盲いた琵琶法師・友魚。少年たちの友情が、禁断の歌舞を解き放つ!

【著者紹介】
古川日出男 : 1966年、福島県生まれ。98年『13』で作家デビュー。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞および日本SF大賞を受賞。同作は07年『月刊PLAYBOYが選ぶこの10年のベスト・ミステリー』第一位にも輝いた。06年『LOVE』で三島由紀夫賞を受賞。古川版「源氏物語」ともいえる『女たち三百人の裏切りの書』で15年に野間文芸新人賞、および16年に読売文学賞(小説賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひらちゃん さん

    平家物語は学生の頃、吉川英治訳で読んだきり。古川さんの訳を読んでからのがこちらはよかったのかも。エンターテイメント煽るる犬王(猿楽)と友魚(琵琶法師)の物語。犬王は実在して世阿弥と人気を二分してたそうな。ここに出てくる犬王は数奇な運命に翻弄されつつ力強く生き抜いている。終始、能を見ている様な錯覚の異な文章に惹き込まれた。

  • 都わすれ さん

    平家滅亡を語り継ぐ琵琶法師たち、語り部のリズミカルに疾走する言葉が、史実と虚実を伴い、平家滅亡百五十年後の異聞を紡ぎ出す。壇ノ浦で引き上げた剣の光で視力を失い琵琶法師となった少年友魚と近江猿楽比叡座の元に生まれ醜怪な姿であった犬王との出会いによって怨霊を浄化させ芸の道を極め、美に昇華させたこの物語は滅び去った平家への鎮魂でもあり、「生きろ」という力強い暗示のようにも思えた。それは奇譚であり、境界を超える夢幻能のようにも見える。南北朝、室町期の混沌とした中世を生きる哀歌が聴こえ、琵琶法師の語りのようだった。

  • さっとる◎ さん

    あらゆる物語には続きがある。そこには現れなかった隙間がある。大作平家物語もまた然り。多くの声で語られ語られ続けて、聞かれては消え読まれては忘れられて、でもそれでは儚いだけだ。平家は落ちた。しかし平家物語は物語として生き続け、滅びとは永遠に無縁だ。繰り返されることで語られなかった余白が増える、夢が増殖する。平家物語を平家物語として自分の声で語ったら、そこには次の物語が、語られたがっていた物語が、宿るだろう。増殖した夢に夢を見た古川日出男だからこそ書けた犬王の巻。大きな平家物語に呑み込まれてその一部になった。

  • ぐうぐう さん

    「あらゆる物語には続きがある」本作は、そんな前口上から始まる。なぜ続きがあるのか。「物語は語られては消え、語られては消え、読まれては忘れられるからだと言える。なれども、それだけでは単に儚いではないか」と。あるいは「世には知られていないからこそ、それゆえにこそ語ってほしいと願う者たちがもたらす真の異聞」が続編を生むのだ、とも。『犬王の巻』は、古川日出男版『平家物語』の続編であり、異聞である。その動機は、『日本文学全集』で古川が『平家物語』を翻訳したことによる。(つづく)

  • そうたそ@吉 さん

    ★★☆☆☆ 「平家物語」の訳も実際に行っている著者だからこそ発想し得た物語なのだろう。しかし200ページほどという短さに、淡々としてあっさりとした内容。どうもとっつきにくく、平家物語というところからくるイメージとはまた別のものであるような気がした。平家物語の重厚さを同様にこの作品にも求めるとするのであれば、きっとこの作品は肌に合わないだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古川日出男

1966年、福島県生まれ。98年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』(2001)で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、『LOVE』(2005)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015)で野間文芸新人賞および読売文学賞を受賞。『平家物語』の現代語訳も手がけ、戯曲『冬眠する熊に添い

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品