平家物語 犬王の巻 河出文庫

古川日出男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309418551
ISBN 10 : 4309418554
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
追加情報
:
210p;15

内容詳細

時は室町。京で世阿弥と人気を二分しながらも、歴史から消された能楽師がいた。その名は犬王―天衣無縫の少年・犬王と、盲目の琵琶法師・友魚が育む友情は、かつて誰も見たことがない歌曲を鳴り響かせる。二人が奏でる最強の物語の行く末は。「犬王」として湯浅政明監督により映画化。

【著者紹介】
古川日出男 : 1966年福島県生まれ。1998年『13』で作家デビュー。『アラビアの夜の種族』(2001年)で第55回日本推理作家協会賞・第23回日本SF大賞を、『LOVE』(2005年)で第19回三島由紀夫賞を、『女たち三百人の裏切りの書』(2015年)で第37回野間文芸新人賞・第67回読売文学賞(小説部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いたろう さん

    映画(アニメ)は観ていたが、原作小説は初読み。かなりインパクトがある映画だったので、原作はどういう感じなのかと思って手に取ったが、琵琶法師の平家物語、猿楽の能という伝統的な芸能を、新たな視点からエンタメに昇華してみせる目の付け所は、なかなか興味深い。が、実際に音楽を聴かせられる映画の方が、表現の幅が広かったよう。映画では、琵琶法師の弾き語り、能が、いつしかロックになり、聴衆を巻き込んで、まるでロックフェスのようになるのが、全くイカれていて、ぶっ飛んでいた。物語のインパクトは、映画の方が、原作より遥かに上。

  • hide さん

    俺たちはここにいるぞ。声が聴こえる。物語はまだ物語られていない。いや、既に物語れた。これは続きだ。物語の続編だ。いや、異聞だ。耳で聞こえた物語の続きを文字で追う。そう走る、疾る。そんなこと日出男以外にできるのか。ここで示された幽玄の美は、光は、映画の映像に、音楽に、確かに再現されたんだね。

  • りー さん

    一貫してエンターテイメント。琵琶法師と能楽者の友情を絡めてはいるけれど、それがテーマではない。芸能の奥深くに潜む魔術的要素、シャーマンとしての芸能者とその力を知る権力者の物語だと言って良いと思う。映画、見たかった‼️

  • Shimaneko さん

    借りた単行本で既読だけど、劇場版アニメを鑑賞後に再読したくてこちらの文庫版を購入。文字ならではの疾走感がヤミツキになりそう。かたやアニメ版のラストシーンでは泣きそうになったし。もっかい観るかね。

  • hoiminsakura さん

    映画「犬王」をみる前に読んだ。琵琶法師の語りであるかのような文体につられてのめり込む快感。映画の方はそのまま映像化したようでもあるが斬新なロックミュージカルと化していた。天才能楽師犬王と琵琶法師友魚の友情と美の迫力映像!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古川日出男

1966年生まれ。98年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞、日本SF大賞、『LOVE』で三島賞、『女たち三百人の裏切りの書』で読売文学賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

古川日出男に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド