サウンドトラック 上 集英社文庫

古川日出男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087460773
ISBN 10 : 4087460770
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
追加情報
:
16cm,302p

内容詳細

東京は異常な街に変貌していた。ヒートアイランド現象によって熱帯と化し、スコールが降りそそぐ。外国人が急増し、彼らに対する排斥運動も激化していた。そんな街に戻ってきた青年トウタと中学生ヒツジコ。ふたりは幼いころ海難事故に遭い、漂着した無人島の過酷な環境を生き延びてきたのだった。激変した東京で、ふたりが出会ったものとは―。疾走する言葉で紡がれる、新世代の青春小説。

【著者紹介】
古川日出男 : 1966年福島県生まれ。1998年に『13』でデビューする。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞と日本SF大賞をダブル受賞。2006年に『LOVE』で三島由紀夫賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hit4papa さん

    小笠原諸島の無人島に一人漂着した六歳の少年トウタ。時を同じくして四歳の少女ヒツジコが流れ着く。発見された二人は兄弟として育ち、やがて離ればなれに・・・。あらすじを書くとなんてことはない物語ですが、豊穣とも言えるコトバの奔流に飲み込まれてしまう作品です。極度にヒートアイランド化し、移民が溢れ、排斥運動が激化する東京が舞台となってからストーリーは動きだします。著者いわく”近過去小説”ということで、時代設定は現代なれども、全く異なる歴史を紡ぎ出しています。作品がどこに向かうのかわからないまま下巻に続きます。

  • みりあ さん

    始まりは無人島、それから小笠原諸島。銃を持った青年が描かれている装丁イラストは田島昭宇さん。内容はそこらへんから派生していくのかと思ったけど、色々と物凄かった。登場人物が増える度にその人が辿った歴史をいちいち、もういちいちと言っていい程振り返り、でもそれらはとても魅力的で、そういった余談を織り交ぜながら、でも確かに物語は進んでいく。やるべきことをやっていく。やるべきことを。自分自身から溢れ出す衝動に身を委ねて。もちろんそれは間違った方向では無い。自分自身に絶対的な自信を持っている。信じきっている。下巻へ―

  • さっとる◎ さん

    音楽の死んだ世界で、ダンスに蹂躙されて、熱と喧騒に浮かされて、下巻へ。

  • たかぼー(人身御供) さん

    オブセッション、久しぶりに興奮する作品に出会えた。独特の語り口、古川節。つかめない、ありえない、理解し難い。そこにしびれる憧れる。文章、言葉が内包する力、熱量を感じる。それに田島さんのカバー絵と内容が噛みあいすぎて世界がやばい。下巻への期待が高すぎる。

  • サイバーパンツ さん

    無人島、小笠原諸島、東京。世界が広いところへ移り変わるとともに、様々な人間を知るとともに、トウタとヒツジコは世界の殺意を感じていく。それは、型に嵌めようとしたり、マイノリティを排除しようとしたりする醜い殺意。そんな世界だから、トウタは世界を淘汰し、ヒツジコは踊り、大地震を引き起こす種を播く。彼らなりの生存戦略として...... 今のところはまだ青春小説とは感じないが、彼らは思春期を脱したばかり。本当の青春が始まるのはまだまだこれからだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古川日出男

1966年、福島県生まれ。98年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』(2001)で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、『LOVE』(2005)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015)で野間文芸新人賞および読売文学賞を受賞。『平家物語』の現代語訳も手がけ、戯曲『冬眠する熊に添い

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド