総理の夫 First Gentleman 愛蔵版

原田マハ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784408537894
ISBN 10 : 4408537896
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
追加情報
:
370p;20

内容詳細

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?

【著者紹介】
原田マハ : 1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなる。2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、2006年作家デビュー。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。2017年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きっちゃん さん

    初の女性総理大臣となった凛子さんの夫、日和さんの日記としての書き方だからか慣れるまで時間がかかりました。中盤以降はスカッとして面白く、日和さんの純粋さが良かった。現実には女性総理も、消費税増税からの経済対策も無理でしょうね〜

  • 登志子 さん

    原田マハさんの作品は、女性がイキイキしている。 夫の目を通して、総理となる妻相馬凛子が活躍するのであるが、とてもクールで素晴らしい。 現実には、日本で女性が総理となることは考えにくいが、いつか凛子さんのような総理の出現を待ちたい。 伝説のスピーチライター久遠久美の名前が出てくるのもおもしろい。

  • kimoiue さん

    子育てって母親がしなきゃいけない。って考え方がおかしいのよねぇ。子供も母親だけのものじゃ無いし。最後で台無しになった気がするわ。

  • tai65 さん

    星5つ

  • なお太郎 さん

    映画の宣伝でこの本を知った。映画で凛子を演じているのは中谷美紀さん。ぴったりだと思った。彼女を置いて他にいないだろう。そして、この物語の魅力の一つが総理の演説だ。「心打たれる感動の演説」と書かれているが、まさに最高の演説だ。総理である妻を支えるおぼっちゃまな夫。おぼっちゃますぎて汚れていない真っすぐな気持ちで妻を支える。良い話だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

原田マハ

1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。森美術館設立準備室勤務、MoMAへの派遣を経て独立、フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年「カフーを待ちわびて」で日本ラブストーリー大賞を受賞し、デビュー。12年『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本周五

プロフィール詳細へ

原田マハに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド