暗幕のゲルニカ 新潮文庫

原田マハ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101259628
ISBN 10 : 4101259623
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
512p;16

内容詳細

「ゲルニカ」を消したのは誰だ? 『楽園のカンヴァス』著者の真骨頂! ピカソを巡る怒涛のアートサスペンス!

【著者紹介】
原田マハ : 1962(昭和37)年、東京都小平市生まれ。関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。その後2005(平成17)年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。’12年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞、R‐40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。’16年『暗幕のゲルニカ』がR‐40本屋さん大賞、’17年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
池上彰氏が解説で書かれているようにもう一...

投稿日:2021/04/25 (日)

池上彰氏が解説で書かれているようにもう一度観に行きたくなりました。 ゲルニカはマドリードのソフィア王女芸術文化センターに展示されていますが、ヨーロッパはガラス越しではなく生で観ることができること多いのですが、入場時のセキュリティーチェックに加えガラスで囲まれたゲルニカ。多くの人が訪れますが、戦争の悲惨さを感じ無口になるのでしょう。 訪れたのは2002年でちょうど物語と同じ頃です。 何度も繰り返し読み込みたいと思います

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
池上彰氏が解説で書かれているようにもう一...

投稿日:2021/04/25 (日)

池上彰氏が解説で書かれているようにもう一度観に行きたくなりました。 ゲルニカはマドリードのソフィア王女芸術文化センターに展示されていますが、ヨーロッパはガラス越しではなく生で観ることができること多いのですが、入場時のセキュリティーチェックに加えガラスで囲まれたゲルニカ。多くの人が訪れますが、戦争の悲惨さを感じ無口になるのでしょう。 訪れたのは2002年でちょうど物語と同じ頃です。 何度も繰り返し読み込みたいと思います

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
原田マハさんの美術シリーズの一角。 スト...

投稿日:2021/04/11 (日)

原田マハさんの美術シリーズの一角。 ストーリー展開は美術中心の話というよりも「ゲルニカ」をめぐるサスペンスドラマとなっているのでサスペンス小説として読む分には非常に楽しめる。 小説そのものも面白いが巻末で池上彰さんが解説を書いておられますが、視点もユニークで小説の理解をより深めるという意味では最高の解説だと 思いますので是非、解説まで読んでみて下さい。

I.O.U さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三代目 びあだいまおう さん

    深い感動が止まない。たった一枚の絵画に稀有な小説家がもたらした奇跡の足跡!『暗幕のゲルニカ』偉大な芸術家ピカソの代表作ゲルニカは反戦を訴える無言の叫びであった!美の想像主、既成概念の破壊者たるピカソ。故郷を襲った無差別攻撃の不条理に対し、命の危険を省みず反駁した魂の大作!途中で既に『スッゲェ』っと震わせてくれる小説も珍しい!本作はその魂が宿るかの如く『叫び』が時空を越えて響き合う。物言わぬたった一枚のカンヴァスが、千の兵器、万の言葉よりも平和を訴える力となる。芸術の無限の力をこの小説は教えてくれた‼️🙇

  • bunmei さん

    今回の画家は情熱の天才画家ピカソ。近代美術のデフォルメされた絵画の中で、反戦の象徴とも言える『ゲルニカ』がモチーフ。過去のヨーロッパにおけるナチスを筆頭としたファシズムによる弾圧と現代の9.11同時多発テロとの、2つの争いをタイアップさせる中で、ピカソの私生活と共に辿る文章構成。数奇な運命を辿った『ゲルニカ』に込めた思いや見方、考え方が伝わってきます。ピカソと主人公・瑤子の中に燃え上がる反戦への思いと作品への情熱がほとばしる作品です。これまでのマハ作品の中で、一番エネルギッシュな作品でした。

  • SJW さん

    「楽園のキャンバス」の主人公ティム・ブラウンも出てくるアートサスペンスのシリーズ作品。解説はなんとあの池上彰さん。ストーリーはピカソがスペイン内線を憂慮している第二次世界大戦前からと、9.11にWTCが破壊される直前の2つの話が同時平行で書き綴られている。ピカソの話はスペインのゲルニカがドイツの空襲を受けて破壊された後、反戦メッセージとして描かれた「ゲルニカ」がどのように製作されて、どのように守られたかについて。現代の話は9.11テロの後、夫を亡くした八神瑶子がいかにして(続く)

  • Aya Murakami さん

    新潮文庫の100冊2018、第4回新潮文庫紅白本合戦対象本。 2001年の9月11日のニューヨークの朝、主人公と旦那さんが最後の晩餐だの最後の朝食だのという話をし始める…。前情報なしでもこの後どんな惨劇が待っているかわかってしまいます…。そして国連のゲルニカの絵に暗幕が掛けられ…。こちらも不都合な事実を覆い隠すという王道のメタファーですね。 小説の本編はゲルニカを貸してもらうためにスペインに向かう主人公の大冒険(?)という感じの話でした。冒険だけあって命の危険にあうことも…。楽園とはまた違う作風。

  • enana さん

    暗幕の下にこそ、決して目を逸らすことのできない真実がある ゲルニカを消したのは誰だ――? 衝撃の名画を巡る陰謀に、ピカソを愛する者たちが立ち向かう。現代と過去が交錯する怒濤のアートサスペンス!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

原田マハ

1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。森美術館設立準備室勤務、MoMAへの派遣を経て独立、フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年「カフーを待ちわびて」で日本ラブストーリー大賞を受賞し、デビュー。12年『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本周五

プロフィール詳細へ

原田マハに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品