それはきっと必要ない 年間500本書評を書く人の「捨てる」技術

印南敦史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416517598
ISBN 10 : 4416517599
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
198p;19

内容詳細

読書量年間700冊以上!一年に500冊書評を書き続ける著者が教える、自分らしく生きるための「取捨選択」の方法。


【著者紹介】
印南敦史 : 作家、書評家。1962年生まれ。東京都出身。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。2020年6月、「日本一ネット」より書評執筆本数日本一として認定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いーたん さん

    わたしが読書を習慣化したいと思っていた頃、著者の『遅読家のための読書術』に出会い、そのなかの、読んだことの全部を覚えてられなくても、たった1%でも残ればいい、という趣旨のくだりを読んで、フッと肩の力が抜けて、以来300冊近く読んでこれた。いわば読書の恩人の近著。本書において上記のことにも触れられていたが、それだけではなく、小学生のときの事故や、高校生のときの火事、ローンを抱えた頃の仕事の不安など、プライベートなことも紹介されていて、年間500冊もの書評を書く印南さんの価値観を知ることができた貴重な一冊。

  • ルート さん

    著者の経験から、いるものといらないものについて話してくれている。これを読みながら、自分にとってはどうか、と考えるのがいいなと思った。お酒を減らすことの考え方で、「突っ込まれそうですが、それでも僕には大きな一歩」と書いているところに、頷いた。自分にとっての軸が大事なんだなぁって。決めるのは自分。人の話は参考にしつつ、自分の人生を生きていくコツが書かれている。

  • ベラ さん

    □仕事中の仮眠は必要□紙の辞書はやっぱり必要□長いメールは必要ない□「!」は必要ない(私も多用してたのでちょっと恥かしい。まあほどほどに。)□メモをとる習慣は必要□オンラインサロンは必要ない(ちょっと昔の情報商材のように胡散臭いのも多いと思う)□まとめサイトは必要ない□ビジネス書は読んだら行動が必要□スマホ依存は必要ない(だよね)□安いから買うマインドは必要ない□波風立てない配慮は必要ない□感謝の気持は必要□行きすぎた自己顕示欲は必要ない(有言実行効果で目標達成する方法って繊細さんには向いてないかもね)

  • 茶幸才斎 さん

    昨今、何かと窮屈で気ぜわしい世の中である。しかし、暮らしをよく見返せば、例えば仕事なら「悩む時間」、コミュニケーションなら「長いメール」、インプットなら「SNSで演じること」、生活習慣なら「物欲」、メンタルなら「過度な気負い」、こうしたものは全て必要ないと筆者は云う。内容はいちいち同感で、何一つ異論がない。腑に落ち過ぎて、熱い胸の高鳴りも心地いい共感の念も生じない。多分、筆者と私は、価値観の根本が限りなく等しいのだろう。まあいい。本書はエッセイである。それならきっと、これ見よがしの学びや気付きは必要ない。

  • M O さん

    平易な文体でサクッと読める。 深みはないが、普段自分が感じていることを確認するように読んだ。だいたい、残念な人というのはこの本に書いてあることを実行できないだろう。で、そんなことは分かっていますから、もっと特別なものを期待してるのではないかな? 簡単に思える基本を徹底的にやることが、とにかく近道で、結構難しいものなんだけどね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

印南敦史

作家、書評家。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年、東京都生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。「1ページ5分」の超・遅読家だったにもかかわらず、ビジネスパーソンに人気のウェブ媒体「ライフハッカー日本版」で書評を担当することになる。それをきっかけに、大量の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品