ナショナリズムの正体 文春文庫

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167909314
ISBN 10 : 4167909316
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
281p;16

内容詳細

ナショナリズムと愛国心を歪めたのは誰か?「戦争はイヤだ」としか言わない左翼、「あの戦争は正しかった」と美化する右翼、双方の知的怠慢だ―軍エリートの証言を集めてきた昭和史研究の大家ふたりが、歴史的事実をもとに左右を徹底批判。ヘイトスピーチにも強引な改憲論にも屈せず、ただしく国を愛する方法がわかる。

目次 : プロローグ 「国家ナショナリズム」が「庶民ナショナリズム」を駆逐する/ 第1章 現代日本のナショナリズムが歪んだ理由/ 第2章 近代史が教える日本のナショナリズムの実体/ 第3章 中国と韓国の「反日感情」の歴史背景/ 第4章 現代の中国および韓国のナショナリズム/ 第5章 将来に向けての日本のナショナリズム

【著者紹介】
半藤一利 : 1930年、東京・向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。著書は『漱石先生ぞな、もし』(正続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)なが多数。『昭和史1926‐1945』『昭和史戦後篇1945‐1989』で毎日出版文化賞特別賞、2015年菊池寛賞受賞

保阪正康 : 1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒。編集者時代の72年『死なう団事件』で作家デビューして以降、個人誌「昭和史講座」を主宰して数多くの歴史の証人を取材、昭和史研究の第一人者として2004年、菊池寛賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヨーイチ さん

    現代史を扱ってきた作家二人による警世の書というと大袈裟か?Twitterを眺めていなかったら、こんな事は感じなかったかも知れない。政治とか世界情勢とかに特別に関心を寄せてきたわけではないが、常識程度の知識は必要だと思い、折に触れてこの二人の著作は目を通してきた。二人ともネット民ではないとの事。ネトウヨと称される偏った愛国心の発露を憂いた対談。極めて真っ当な見解ばかりなのだが、これが通じない層が本当にいるらしいのが驚き。Twitter上で「ネトウヨの国会議員」って物言いを知る。続く

  • ちさと さん

    安倍政権の安易な損得計算の外交と、恣意的にある種の敵を作り非難しまくることで政治的な求心力を作り上げるやり方は、明治から昭和期の個人の献身を求める思想と類似している。それが国家主義的なナショナリズム。政治目的でナショナリズムを語ることの危うさ、本当のナショナリストのあるべき姿を、歴史を参照しながら対談されています。思想や思考、記憶は、科学の実験のように「続きやっといて」と引き継げない。半藤さんは88歳。なるべく多くの著書に触れたい。

  • 山目 さん

    なかなか骨太で読み応えがありました。戦争体験、歴史的事実を踏まえての批判は納得させられます。強い日本や諸外国への批判のみ強調されることの多い現代において、バランスのとれた意見だと思います。

  • トラッキー さん

    大人たちがウソで固めて実行した戦争を体験して、二度と騙されまい、そのためには何事も自分の目で見て、自分の頭で考えなければならないと、真剣に考えたという半藤氏。その決意が紡ぎ出す著作や発言は、重みというか凄みがある。今日世界を跋扈するナショナリズムには、いいもの、悪いものが混在している。郷土を愛するのみで、外に向かって価値観の押し付けを行わない愛国心は、誰もが持っているが、それが他国や他民族に対する優越思想を帯びると、危険なナショナリズムに転化する。見分ける目を持つことが必要だとの指摘は肝に銘じたい。

  • いとしん さん

    近代史についての自分の圧倒的な勉強不足を痛感すると共に、でも自分が今の世の中でそれほど物を知らないわけでは無いと仮定すると、この程度の認識で憲法改正とか集団的自衛権とか「安易に」決めちゃマズいと痛感。家族や日本のことを、もっとちゃんと丁寧に知って、考えようと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品