けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

千松信也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898154175
ISBN 10 : 4898154174
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;19

内容詳細

現代社会の隙間を縫うように暮らす。獲って、さばいて、食べる。「生活者としての猟師」が今、求められている。野生動物たちと日々行き交い、これからの自然を思う、20のエッセイ。

目次 : 見つめるシカ/ 1 猟師の眼に映る山と動物たち/ 僕の周りの狩猟鳥獣・前篇/ 2 身近な動物たちとの行き交い/ 僕の周りの狩猟鳥獣・後篇/ 3 狩猟採集生活の今とこれから/ 色づいた柿

【著者紹介】
千松信也 : 1974年兵庫生まれ、猟師。京都大学文学部在籍中の2001年に甲種狩猟免許(現わな・網猟免許)を取得した。伝統のくくりわな、無双網の技術を先輩猟師から引き継ぎ、運送業のかたわら猟を行っている。鉄砲は持っていない。08年に『ぼくは猟師になった』(リトルモア)を出版(現在・新潮文庫)。狩猟にまつわる講演等も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小梅 さん

    すぐそこの森に美味しそうなイノシシが暮らしていて、薪として使える枯死木や間伐材が放置されている。それを利用しないのは勿体無いというだけだ。人間の都合で野生生物の住処を奪っておいて、減ったから保護する…人間って勝手だよね。命をいただくからには、口に入るまでの全過程をしっかり観るべきだと思う。

  • けんとまん1007 さん

    「手つかずの自然」はないという一文が印象深い。改めてその意味を考えると、いろいろな思いが浮かんでくる。人間の営みが与える影響は、思いもよらない形で表れているのだと思う。自然の中で、営みを続けるということは簡単なことではない。そこに暮らし、考えるからこそというものはある。そこを忘れて、単なる評論家としての発言・行動を考え直すきっかけになる。

  • Shoji さん

    イノシシやシカやクマなど、狩猟対象となる鳥獣の生態や取り巻く環境を猟師の視線で述べた本です。前半は面白かったが後半はややトーンダウンしました。猟師としての持論、あるべき論を述べていますが、読むのが少々しんどかった。

  • T2y@ さん

    前作「ぼくは猟師になった」から、さらに憂い感じる内容に。 シカ・猿などによる獣害増加と、減少する猟師と狩猟活動。 生態系を狂わせ、獣害を増大させたのも人間。 絶滅の危機にあるのは、どの獣よりも猟師そのもの。 千松さんの『けもの道』は続く。何年後になろうと、次作を待ちます。

  • Akihiro Nishio さん

    最近勉強している狩猟本。類書の中でもかなり良い本ではなかろうか。狩猟の様子が良くわかり、途中で挿入される野生動物の解説もわかりやすい。動物が狩猟の対象となったり外されたりという歴史や、禁止になった狩猟法についても言及されているのが良い。また、鳥類や里山でとれる魚類の猟について語られるのも珍しい。全体を通して感じたのは、里山は日々大きく変化しており、今の状態から判断するのでは十分でないということ。もっと長いスパンで考えなければならない。自分が猟デビューできるのはいつの日だろうか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品