漆塗りの技法書 漆の特徴、基礎知識から各種技法までをわかりやすく解説

十時啓悦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416715352
ISBN 10 : 4416715358
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;26

内容詳細

漆芸の基本となる技法を、わかりやすく丁寧に解説した本。
・初心者でも、この本を見ながら、実際に様々な漆の塗り方をマスターできる。基礎から応用編まで学べる内容で、熟練者にも大いに参考にしてもらえる。
・数百枚に及ぶ工程説明や道具などの写真を掲載。ビジュアル面を重視しながら、丁寧な解説を展開。
・塗りの工程紹介だけではなく、漆の特性や歴史、下地や塗りの種類と違い、修理方法、漆用語の解説、漆かぶれの予防法に至るまで紹介。
・講師役は木漆工芸家として活躍されている、十時啓悦さんと工藤茂喜さん。長年の経験を生かして漆芸の本質を押さえながら、初心者でも取りつきやすい方法なども指導。
・紹介した主な技法:拭き漆(摺り漆)、木地呂塗り、本堅地黒塗り、本堅地朱塗り、本堅地朱溜塗り、目はじき塗り、蒔地黒塗り、根来塗、変わり塗り(錆塗り、布目塗り、石目塗り、マーベリング)、加飾(箔絵、卵殻、螺鈿、簡単な平蒔絵、簡単な蒟?)、脱活乾漆、金継ぎ、安価で入手しやすい素材を使って木地づくりから漆仕上げ(津軽塗技法を用いた折敷、呂色仕上げした小箱)、など
・漆器の修理も紹介:割れた漆器、拭き漆がはげてきた椀、縁が欠けてきた盆

[著者紹介]
十時 啓悦:1950年生まれ。木漆工芸家、武蔵野美術大学工芸工業学科(クラフトデザインコース)主任教授、日本文化財漆協会常任理事。東京芸術大学大学院漆芸専攻修了。大学で学生の指導を行いながら、各地で個展やグループ展を開催。共著に『木工-樹をデザインする』(武蔵野美術大学出版局)など。

工藤 茂喜:1958年生まれ。木漆工芸家。東京芸術大学大学院漆芸専攻修了。86年より、京都・西本願寺などの寺院を中心とした建築漆工の仕事に携わる。98年より作家としての活動を始める。現在、主にヒノキと漆を素材にした「へぎ」の器、箱などを製作。日本橋高島屋などで個展開催。

西川 栄明:1955年生まれ。森林や木材から木工芸に至るまで、木に関することを主なテーマにして、編集や執筆活動を行っている。著書に『一生ものの木の家具と器』『手づくりする木の器』『木の匠たち』『日本の森と木の職人』『増補改訂 名作椅子の由来図典』など。共著に『原色 木材加工面がわかる樹種事典』『ウィンザーチェア大全』など。

【著者紹介】
十時啓悦 : 1950年生まれ。木漆工芸家、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科主任教授(クラフトデザイン担当)、日本文化財漆協会常任理事。東京芸術大学大学院漆芸専攻修了。大学で学生の指導を行いながら、各地で個展やグループ展を開催

工藤茂喜 : 1958年生まれ。木漆工芸家。東京芸術大学大学院漆芸専攻修了。86年より、京都・西本願寺などの寺院を中心とした建築漆工の仕事に携わる。98年より作家としての活動を始める。現在、主にヒノキと漆を素材にした「へぎ」の器、箱、筒、指物などを製作。日本橋高島屋などで個展を開催。長年、播与漆工芸教室で講師を務める

西川栄明 : 1955年生まれ。森林や木材から木工芸や木製家具に至るまで、木に関することを主なテーマにして編集や執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アズル さん

    図書館本。漆塗りの技法が丁寧に紹介されています。細かく解説があるので、「ここの工程の違いで、名称が変わってくるんだ!」とわかりやすい。沢山の工程を経て、完成される漆のうつわ、決して高価だと思えない気持ちになります。

  • ちまはが さん

    金継ぎをしていて漆芸に興味を持ったので基本的な知識を押さえようと手にとった。手順が詳細に記述されているが、なぜこの工程が必要なのかといった部分は手薄。むしろ、著者曰く、それは実際に手を動かしているうちに理解できるようになるとのこと。ともかく、漆の奥深さを垣間見ることができたので満足。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品