OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める

北野唯我

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478108819
ISBN 10 : 4478108811
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

「職場の空気」と「企業の業績」には、強い関係がある。「風通しが悪い」のに、「社員の士気が高い」会社はほぼ存在しない。「給料」と「社員の士気」はあまり関係ない。オープネスは、「高ければ高いほどいい」わけではない。リーダーの真価は「失敗が起こったときどう対応するか」ではかれる。オープネスを「組織のカナリア」として使うことで、業績の悪化を防げる。事業再生に成功する組織は「士気の高い部署」から変革する…『転職の思考法』で日本人の働き方に変革を起こした著者によるまったく新しい組織の教科書!

目次 : 第1章 オープネスの発見(「株価当てゲーム」に私が猛烈にハマったワケ/ 見えなかった「職場の空気」が可視化されつつある ほか)/ 第2章 オープネスとは何か(なぜ人は社員のクチコミをのぞきたがるのか/ 「経営開放性」「情報開放性」「自己開示性」とは何か ほか)/ 第3章 オープネスをどう高めるか(オープネスを「邪魔しているもの」は何か/ オープネスを阻む罠(ダブルバインド「言行不一致」が人の心を蝕む/ トーション・オブ・ストラテジー―「戦略わかったふりおじさん」が組織を壊す/ オーバーサクセスシェア―リーダーは失敗例こそシェアせよ) ほか)/ 第4章 オープネスをどう使うか(ウサギの生存戦略に学べ/ オープネスは「組織のカナリア」 ほか)

【著者紹介】
北野唯我 : 兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tonkotsu さん

    北野唯我さんの新作は、組織における職場の「空気感」に焦点を当てた一冊。日本の職場に最も欠けているのは「オープネス(開放性)」であり、業績との相関もデータで証明されている。ここ30年間で時価総額の増加したトップ10社には「風通しの良さ」「社員の士気」「20代の成長環境」の3要素が整っており、本書ではオープネスを使って改革する組織戦略についてわかりやすく説明されている。

  • council さん

    普通に考えて職場の雰囲気がいい方が成果が出るのは当然だと思うがそれをOPENNESSという指標的にするのはいいが、これってこんな体系的なものかな?と思うような上司や経営者次第なんじゃないか?と思うような考え方はいいと思うが、業績が良いときは不都合を覆い隠すものなのでそんなに簡単じゃないのでは?

  • miyatatsu さん

    基本的には職場の雰囲気を変える権利がある人間がターゲットだと思うのですが、一人の従業員として職場の雰囲気をよくするための努力は行っていきたいです。

  • たくみくた さん

    オープネスとは、ビタミンのようなもの。足りないと人の心を蝕むしかし、普段不足していると、自分では気づきにくい/オープネスは組織が悪い方向に変化する際の初動になる。オープネスが最初に変化するのは、「リーダーの心の弱さ」に強く起因する。悪いことが起きた際に、良かれと思ってそれを隠す「白い嘘」をトップがつき始めると、強烈なことなれ主義が生まれる。すると、現場の不信感はピークを迎え、情報はポジティブな面だけがやたらと誇張され、戦略が正しく伝わる以上にねじ曲げられた情報が伝わっている印象を受ける。

  • Shohei Ito さん

    働く人の誰もが感じている「職場の空気」というもの。それを分析し、空気を良くすることが業績の向上につながるということから始まる一冊。 自分が働いてきた中でも、仕事がヤダなとか働きやすいなと感じるのは、職場の空気によるものが大きかったと思います。その実態の無いものをデータを用いて分析しているのが本書の良い点です。 特に「人の心の弱さ」に触れている部分が印象的でした。善良な人でもふとしたきっかけで過ちを犯してしまう。そういうことをさせないためにも、組織や仕組みを整えていかなければいけないのだと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北野唯我

兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されて

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品