佐治敬三と開高健 最強のふたり 下 講談社プラスアルファ文庫

北康利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062817318
ISBN 10 : 4062817314
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
312p;15

内容詳細

真の経営者とはなにか。真の小説家とはなにか。そしてほんとうの友情とはなにか―開高はコピーライターとしての才能を花開かせ、在職中に芥川賞を受賞する。佐治が身を置いていたビジネスの世界は、経営者が生命を懸けた戦いの場だが、なかでも昭和三十六年(一九六一)のビール事業進出、ビールの巨人三社(キリン、サッポロ、アサヒ)による寡占への無謀な挑戦は、まさに「ビール戦争」と言っていいものであった。経営者の姿を自分に重ねあわせ、作家・開高も戦場に向かう。彼はアメリカが正義を旗印に介入した「ベトナム戦争」の渦中に身を投じるのだ―。

目次 : 第3章 寿屋宣伝部とトリスバーの時代“承前”(人生を観察することに専念/ 洋酒天国/ 幸運が引き寄せた芥川賞/ 「人間」らしくやりたいナ)/ 第4章 オールドショックと犬の生活(オールドでつかんだ世界一/ 『夏の闇』の“女”/ 「鮮烈な一言半句」はあるか/ 日本のメディチ家/ ザ・ウイスキー/ 水商売もまた国家なり)/ 第5章 悠々として急げ(モンゴルに見た夢/ 「毒蛇は急がず」と言うたやないか/ 南無、森羅万象/ 最後の大旦那)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ろぶくん さん

    面白く読めた。社長と芥川賞作家社員の熱い物語。開高みたいな社員は今の会社組織には間違いなく入ってこないだろう。数は多くないが写真も素敵だった。

  • AU.Step さん

    佐治敬三と開高健。2人の関係性を示すに友情という生温い言葉では追いつかない。それだけに開高の最期を巡るゴタゴタは悲劇でしかなかったと思う。また開高の人間としての業の深さ。「惚れた女の、焼き場の骨を見たことがあるけぇ」この言葉を吐き出した彼の心情を慮るといたたまれなくなる。

  • 勝丸 さん

    佐治さんより畏友と言われた開高さんですが、本書では交流部分のエピソードを楽しみにしていたが豊富とも言えず、それよりもそれぞれの人生をたどっている部分が主になっていました。それでも、昭和を駆け抜けた勢いを十分に感じました。

  • rincororin09 さん

    開高が好きで、サントリーとの関係は開高の側から認知していたが、サントリー側、佐知側から見るとこういうことだったのか・・・という感慨。開高が亡くなる場面は泣けた。昭和という時代、特に高度成長期の日本の狂騒といったものが濃厚に立ち上ってくるエピソードの数々…。久々にどっしりしたノンフィクションを読んだ。

  • Zoo さん

    下巻は二人の寄り合う様子がより濃くなっていく。洋酒天国や芥川賞受賞などライターとしての階段を瞬く間に登って行く開高と、それを見守り、「やってみなはれ」と背中を押す佐治の姿が人間味溢れる様子で描かれている。佐治敬三の方も、サントリーオールドで成し得た世界一や、サントリーホールや商工会会長など文化的、社会的にもその活躍を広げていく。そんな多忙な中の2人には常に過去との断絶による新境地の開拓を目指す共通したポリシーがあり、お互いがお互いを刺激し心の支えとしながら進んでいく友情の形はなんとも羨ましく感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北康利

昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。日本将棋連盟アドバイザー。著書に『白洲次郎 占領を背負った

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品