トリックアートクリスマス トリックアートアドベンチャー

北岡明佳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784251097842
ISBN 10 : 425109784X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;32

内容詳細

もうすぐクリスマス。村はじゅんびのまっさいちゅう。サンタやおてつだいのこびとたちもおおいそがし。クリスマスをまちながら、みんなもいっしょにだまし絵や目のさっかく、さがし絵を楽しもう!

目次 : クリスマスの村/ サンタのプレゼント工場/ サンタのお仕事/ トナカイは何頭?/ ケーキの形は同じ?/ そりは走る/ とび出すステンドグラス/ まちのイルミネーション/ ふしぎな箱/ トナカイの色は同じ?/ どのえんとつに入る?/ 雪の夜/ こたえ/ おまけのもんだい

【著者紹介】
北岡明佳 : 立命館大学文学部人文学科心理学専攻教授・教育学博士。1961年高知県生まれ。筑波大学大学院博士課程心理学研究科修了。専門は知覚心理学。主な研究テーマは錯視・錯覚(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小夜風 さん

    【図書館】このシリーズ、最初の3冊は購入したのですが、絵が好みじゃなくて、もういいやって買わなかったのを、娘が図書館で借りました。あれ!これは絵も可愛くて良いかも♪クリスマス用だから表紙もキラキラしていて、既刊本よりもクオリティ高い気がします(笑)。

  • ちーたん さん

    探すのに時間がかかる〜。絵もいいです。小さい子どもに説明するのはちょっと難しいかな。長く楽しめそうです。

  • drago さん

    シリーズ4巻の中で、もっとも絵がきれい。ただし、トリックアートとしての見せ方は、もはやネタ切れ感がありあり。娘も飽きてしまったようだ。安直に続編を出すのではなく、シリーズ物として出版するなら、もっと研究・工夫をする必要がある。 ☆☆☆★★

  • Lesen さん

    さがし絵やだまし絵等。視覚で何度でも楽しめる。不思議です。クリスマスに子供と一緒に楽しみました。探し絵等に必死になってしまったから、今度はゆっくり楽しみたい。長男「母さんはサンタクロース信じる??」「うん、信じてるよ。どうして??」「友達がいないって言ってた。」「信じてる事が大事じゃないかな。いないとは限らないし。」「俺、信じる。」次男無邪気に「俺も〜」去年書いたクリスマスカードの字でも気づいてたし、そろそろ長男は気づいてるなぁ。。。

  • 遠い日 さん

    だまし絵、錯視、立体視、探し絵など、多くのトリックを駆使した、クリスマスをテーマとした絵本。一つ一つの絵のテイストが異なるのが、楽しい。見たり探したりする時間は、絵の中を旅しているよう。夢中になってしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北岡明佳

1961年高知県に生まれる。1991年筑波大学大学院心理学研究科博士課程修了。東京都神経科学総合研究所主事研究員。2001年立命館大学文学部助教授。2006年立命館大学文学部教授。2006年ロレアル色の科学と芸術賞・金賞(第9回)。2007年日本認知心理学会独創賞(第3回)。現在、立命館大学総合心理

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品