アウトロー俳句 新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」

北大路翼

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026411
ISBN 10 : 4309026419
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
176p;19

内容詳細

元ホスト、女装家、鬱病・依存症患者、ニート…行き場をなくした“はみ出し者”たちが、「生きづらさ」をストレートに詠んだ108句!

【著者紹介】
北大路翼 : 新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元。砂の城城主。1978年生まれ。小学5年生より句作を開始。2011年、作家・石丸元章と出会い、屍派を結成。2012年、芸術公民館を現代美術家・会田誠から引き継ぎ、「砂の城」と改称。句集に『天使の涎』(邑書林、第7回田中裕明賞受賞)、『時の瘡蓋』(ふらんす堂)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    不思議なパワーと哀しみに溢れている。テクニックの小技を利かした70点の句ではなく、「一発ホームランを狙うつもりで大振り」した百点狙いの句が屍派の醍醐味だという。生きづらさを抱え手足を縮めていた人が、身体全部を使って放つフェンスの向こう側。ショートゴロも犠牲フライも、全てが可笑しくて泣けてくる。ふざけているわけではないのだ。句を詠む瞬間の真面目さが伝わり、ぐいぐいと迫ってくる。小さな苛立ちに凹む、下戸の私の肩を叩く。「大丈夫、いっしょに詠もうよ」

  • yumiha さん

    「新宿歌舞伎町」は行ったことないけど、なんか妖しくて危ない性と暴力の町というイメージ。そんなネオンと赤ちょうちんで埋め尽くされた街で吟行⁉俳句の句会⁉そこで詠まれた句を一部まとめた本書。街が街だけに、集まる方々もユニークな経歴を持つ。「キャバ嬢と見てゐるライバル店の火事」(北大路翼)「駐車場雪に土下座の跡残る」(咲良あぽろ)火事も雪も冬の季語だけど、こんな使い方は見たことがない。「床擦れを洗ふ日毎に水温む」(菊池洋勝)春の季語「水温む」の使い方もユニーク。私はツマラン常識人だけど、心惹かれる句があった。

  • 黒井 さん

    19-117】ブックカフェにて。帯の2作品に強烈に惹かれて手に取ったらその2作品が個人的には一番の傑作だった。俳句を詠む才能が自分に無い代わりのように句集を読むのが好きなんだけれど、中でもスナップ写真みたいに不意打ちの遭遇を五七五に過不足なく落とし込んだ鮮やかな句に心奪われる傾向があるので、歌舞伎町という場所でないと生まれ得なかっただろう句を前にするとやはり唸ってしまう。「でいいやと注文されるハイボール」とか、さり気なさと切り取りの巧みさに感心しつつその感性に羨望してしまうよ。所々のモノクロ写真も効果的。

  • よよ さん

    日比谷ミッドタウンの有隣堂にて購入。セレクト本で、かなり斜め上をいっている俳句集。河出書房から出でいるのが意外でならない。新宿歌舞伎町にて行われている、屍派の句会にて詠まれた俳句を収録している。正岡子規を思わせるような、闘病生活の一部を切り取った句があるかと思えば、歌舞伎町でのホスト同士の小競り合いを詠んだ句もあり、詠んでて純粋にかっこいいと思った。辛酸を舐めた故に詠める句であると思う。古典しか触れたことがないので、とても斬新に感じた。

  • allite510@Lamb & Wool さん

    北大路翼が主催する新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」のアンソロジー。この結社の名称だけで何かに勝利している感がある。強そうだし。「俳句になっていなくても、言いたいことが伝われば良しとした」ということで、全体的に自由でヌケのいい印象の句が多い。今の時点で好きなのは「万引きの老人とゐる春の暮」と「人妻の調教終えて神社まで」、「ゆっくりなら火箸でも大丈夫」の三句。百八句ではちょっと物足りない。自分でも詠んでみたくなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北大路翼

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元。「街」同人。砂の城城主。1978年5月14日、神奈川県横浜市生まれ。種田山頭火を知り、小学5年生より句作を開始。2011年、作家・石丸元章と出会い、屍派を結成。2012年、芸術公民館を現代美術家・会田誠から引き継ぎ、「砂の城」と改称。句集に『天使の涎』(第7回田中裕

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品