加藤周一青春ノート 1937‐1942

加藤周一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784409041116
ISBN 10 : 4409041118
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
346p;20

内容詳細

加藤周一が18歳から22歳にかけて書き綴った8冊のノート。そこには小説、詩歌、評論、随想、日記、らくがきなどが年代順に記される。そこからは青年時代に加藤が考えたこと感じたことが読みとれる。加藤の思索の記録として、戦争の時代の証言として貴重なものを選び抄録する。若い読者の便に供するため、編者による註、関連年譜、解説を付した。

目次 : 「若い菊池寛は芥川龍之介に似ている…」/ 「寒い風景」/ 石川達三「生きている兵隊」覚書/ 私の見た惇二君/ 分譲地/ インテリ/ 追分にて或る日/ 軽井沢にて/ 旅の日記/ 故郷と伝統と〔ほか〕

【著者紹介】
加藤周一 : 1919年東京生まれ。東京帝国大学医学部卒業。評論家、作家。2008年12月5日歿

鷲巣力 : 1944年東京都生まれ。東京大学法学部卒業後、平凡社入社。「加藤周一著作集」や「林達夫著作集」などの書籍編集、『太陽』編集長を経て、取締役となる。平凡社を退社し、フリージャーナリストとなる。東京大学、明治学院大学、立教大学、跡見学園女子大学で非常勤講師。かわさき市民アカデミー運営委員兼講師。現在、立命館大学招聘研究教員、加藤周一現代思想研究センター長、文学部非常勤講師。ジャーナリズム論、戦後思想史

半田侑子 : 1982年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部フランス文学専攻卒業、一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。2015年より「立命館大学図書館/加藤周一デジタルアーカイブ」を担当する。現在、立命館大学衣笠総合研究機構「加藤周一現代思想研究センター」研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加藤周一

1919年東京生まれ。東京帝国大学医学部卒業。評論家、作家。2008年12月5日歿

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品