仕事は将棋に置きかえればうまくいく 戦略・交渉・人材活用へのロジック100

加藤剛司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594080754
ISBN 10 : 4594080758
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
189p;22

内容詳細

あなたは「金」タイプ?「銀」タイプ?藤井聡太七段のずば抜けた「思考力の素」をビジネスに!

目次 : はじめに 「将棋を指すときの思考法」でロジカルに物事を考える―他人と違う視点を持つためのメソッド/ まずは性格タイプ分類から―あなた、同僚、上司、部下、得意先はどの駒?自分を知って、相手を知るコミュニケーションは「対局」だ/ 8種類の駒はここに動ける/ プロジェクトに参加するなら自分の適性を見極めてから―あなたは「金」タイプ?それとも「銀」タイプ?/ 素直に失敗を認められる人こそ大きな信頼を得られる―自分で「負けました」と口に出すのが将棋/ 打ち合わせを重ねるより多少のリスクはいとわず即断即決―「安全勝ち」より最短距離で決めろ/ “折衝中”の案件を多く抱えている人ほど仕事がデキる―「駒が3つぶつかっていたら初段」複数箇所で戦う/ 1人であれこれ動き回らずに仲間と連携プレーで正面突破―「飛車+銀」の協力でゴリゴリ攻める「棒銀戦法」/ 斬新なアイデアは直線的ではない「斜めの視点」から生まれる―斜めに利く「角」が「妙手」を導く/ 想定内のビジネストークより感じたままのひと言が効く―「わかりやすい最善手」に勝る「意表を突く手」〔ほか〕

【著者紹介】
加藤剛司 : 構成作家・ライター。1967年、名古屋市生まれ。『テリー伊藤 のってけラジオ』(ニッポン放送)ほか、ラジオ番組を多数手がける。中学生の頃から将棋にはまり、独学で研究。上智大学将棋部では4年間レギュラーを務め、長年低迷していたチームを関東大学リーグ団体戦B級1組(2部)に引き上げるなど貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キリル さん

    将棋の思考法をビジネスに置きかえたロジックが紹介されている本。発想としてはなかなか面白いと思いました。ちょっと無理筋かもと思うようなものもありますが、全体としてはうまく置き換えているなぁと思いました。

  • マッケイ さん

    私が将棋で学んだ事や知った事や当書に期待していた事と著者が伝えたかった事に大きなギャップがあり読むのが苦しかった。 内容は非常に強引に感じて将棋が特に好きでも無い限り敢えて購入することはないし、却って「将棋に興味を持ち始めた人」が将棋から離れてしまう懸念すらある気がする。 一方、将棋に親しめる者同士なら「ネタ」として楽しめると思う。 将棋を知らない方々には「勝負師としての升田幸三や米長邦雄や加藤一二三は男前」「プロ棋士としての羽生善治と藤井聡太は怪物」とだけ知って頂ければ嬉しい。

  • とこ さん

    定石、将棋には疎いが、ビジネスや日常生活の戦術や思考を、好きなこととリンクさせて思考できるのはいい方法だと思いました。将棋に詳しくなればより理解できると思います。

  • ま さん

    科学史ひらめき図鑑もそうだったけど、この手の「異分野をビジネスに置き換えると…」って本はどうしても無理やり感がある。きっと世の中のいろんな業界を無理に一般化してるからなのか、あるいは自分のいる業界が一般的でないのか。まあそれはいいとして、仕事を将棋に置き換えるというより将棋を仕事に喩えた本です、っていう方がしっくりくる。出てくる棋士のエピソードはほとんど知ってた。社会人なりたてで、かつある程度将棋に興味ある人向け(だいぶしぼられそうだが)。読んでいてこっぱずかしくなることもあるが、著者の熱意は伝わる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加藤剛司

構成作家・ライター。1967年、名古屋市生まれ。『テリー伊藤 のってけラジオ』(ニッポン放送)ほか、ラジオ番組を多数手がける。中学生の頃から将棋にはまり、独学で研究。上智大学将棋部では4年間レギュラーを務め、長年低迷していたチームを関東大学リーグ団体戦B級1組(2部)に引き上げるなど貢献(本データは

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品