白の民俗学へ 白山信仰の謎を追って

前田速夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309224534
ISBN 10 : 4309224539
フォーマット
出版社
発行年月
2006年07月
日本
追加情報
:
20cm,286p

内容詳細

全国の、特に東日本の被差別部落に多く分布する白山神社。その謎に包まれた白山信仰の実態を追う。柳田、折口に始まる民俗学の叡智を結集して、その神秘の空白部分に迫るスリリングな書き下ろし。

【著者紹介】
前田速夫 : 1944年、福井県生まれ。民俗研究者。東京大学文学部英米文学科卒業後、新潮社に入社、文芸編集者として雑誌『新潮』編集長などをつとめる。退社後は法政大学で教鞭を執る。著書に『余多歩き 菊池山哉の人と学問』(晶文社、読売文学賞受賞)などがある。「白山の会」会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろゆき さん

    あちこちにある白山神社とは何なの?と白山近くに住む故の好奇心から手に取る。朝鮮の白頭山などとの半島、大陸との関連、被差別部落との関わりなど興味深いが、あまりにも枝葉が多岐にわかれ、素朴な興味から始まった通読では、頭のなかでまとまらず、雑学程度しか知識残らず。

  • さくら さん

    初心者には少し読みづらいかもしれません。古典作品を原文のまま引用してあったり、前提で文章が進むことが多々あります。もちろん、その分野の方なら分かっていることなのでしょうが、私のような民俗学初心者にはハードルが高すぎましたね。しかし第七章で語られる畏怖が差別へと変わっていったという指摘はかなりハッとさせられました。白山信仰に限らない幅広い視点からの被差別民考察はかなり読み応えがあります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

前田速夫

1944年、福井県生まれ。民俗研究者。東京大学文学部英米文学科卒業後、新潮社に入社、文芸編集者として雑誌『新潮』編集長などをつとめる。退社後は法政大学で教鞭を執る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品