約束のネバーランド 1 ジャンプコミックス

出水ぽすか

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088808727
ISBN 10 : 408880872X
フォーマット
出版社
発売日
2016年12月02日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
183p

内容詳細

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは...!?

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ネバーランドといえばハッピーなイメージな...

投稿日:2021/07/11 (日)

ネバーランドといえばハッピーなイメージなんですが、連載当初は怒涛の展開に驚かされっぱなしでした!!登場人物の表情などがうまく表現されていて絵のタッチも好みです。

めろちゃん さん | 京都府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
グレイス=フィールドハウスで新しい家族を...

投稿日:2021/07/02 (金)

グレイス=フィールドハウスで新しい家族を楽しみに待つ個性豊かな子供たちの日常物語と思いきや意外な展開で驚きました。家族と共に生き残るためママと頭脳・心理戦を繰り広げるノーマン・エマですがこの後の展開が楽しみです。

@nzu さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
原作者の白井カイウ先生と作画の出水ぽすか...

投稿日:2021/04/25 (日)

原作者の白井カイウ先生と作画の出水ぽすか先生、2人のめぐり逢いにより生まれた、生きることを考えさせられるとても深い作品です。イラストとしても魅力的で物語の世界観をより一層引き立てています。子供たちに幸福な未来が訪れることを願い読みました。

ゆう さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    一見、子供たちの楽園のような場所が、実はそうではなかったから始まる心理戦。展開に派手さはなく穏やかに流れていくのだが、サスペンス演出が素晴らしくグイグイ引き込まれる。作品世界の情報が小出しにされるのが、なんともミステリアス。主人公の少年少女らとともに状況を分析し、隙をうかがっている自分がいる。初巻から掴まれた。続けて読んでいく。

  • 杏 さん

    これは。ゾクゾクする。暗にただの洗脳とは言えない、作り上げられている事に気づいた時、何者かに追いつめられる感じ。心理的にゾクゾク。読んでいる途中に、ふと周りを見回して自分の居場所を確認しておかないと、息が止まりそうな感覚に陥る。緻密に作り上げられていて、作者さんには悪いですがイッキ読みがお勧め。私は途中で止めて悶々としたので。

  • 英知@マンガ専用 さん

    売り切れの書店が続出と聞いて、気になった作品。とても面白かったです!孤児院で幸せに暮らしていたエマに突然降りかかった真実。いや〜外の世界があんなんとか絶望的ですよね。何よりママが恐ろしいんですが;エマが絵を見ている時に突然現れたのゾクってした><でもママの首にもナンバーあるの気になるなぁ。カバー下もママの少女時代っぽいし、エマたちと同じように生きてきたってことなのかな?脱獄編ってことは、その後も描かれそうですが、これ外に出ても地獄じゃないの?;;頭脳戦、心理戦もあって先がすごく気になる作品!今後も楽しみ!

  • ★なおぴんこ★ さん

    週刊誌で読んでいたので、おさらい。息子くんが全巻集めている最中で拝借しました。原作と作画が別れているので、流石に練れていてかなりハラハラドキドキ。。。そして、おぉぉぉ〜!こういう展開かぁと。。。。夢中になれます!

  • くりり さん

    献本5/88。ファンタジーとはまるで違う悪夢のような話、孤児院のママは自分たちの脳を収穫する鬼の手下、脱出したら外は鬼だらけ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

出水ぽすかに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品