働く君に伝えたい「考える」の始め方

出口治明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591168844
ISBN 10 : 4591168840
フォーマット
出版社
発行年月
2023年10月
日本
追加情報
:
191p;19

内容詳細

社会に不安や不満を感じている君へ。
ノウハウやマニュアルに頼ることなく、
自分らしく働き、幸せに生きるための「ほんとうの社会のしくみ」を知ろう。

世の中の当たり前を疑い、自分の頭で考えることができるようになれば、どんな時代でも、どんな国でも、わくわくした人生を手に入れることができる。

インスタントな知識ではなく、誰にも奪われない普遍的な「知性」を手に入れよう!
・国際競争力が低下した日本。なぜ、新しい産業を生み出すことができないのか?
・世界のリーダーに学ぶべき、「ものごとを定義する力」
・もっとも普遍的な知性である批判性の鍛え方


出口治明(でぐち・はるあき)
2008年、還暦でライフネット生命を開業。12年、上場。社長・会長を10年勤める。18年1月より、立命館アジア太平洋大学(APU)学長に就任。ビジネス書だけでなく、歴史ジャンルの書き手としても支持を集める。ベストセラー多数。

【著者紹介】
出口治明 : 1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社に入社。生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革、保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2012年、上場。社長、会長を10年務めたのち、2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ブック さん

    近頃、考えることに関する本ばかり読んでいるが、どうすれば考えることを動機づけできるか、ということのヒントが欲しいのだ。 人間は思い込みによって生きている生物なので、思い込みのせいで負の感情は実態よりも大きくなりがちだ。 困難でもなんでも、正しく理解すれば思ったよりも大したことではない場合が多いし、本当にヤバいときも判断がつくというものだ。 この本は若者向けに書かれていて、特にアンコンシャスバイアスへの向き合い方と、社会を変えるために選挙に行くことの大切さなど、筆者の若者たちへの切なる言葉が紡がれている。

  • ひさちゃん さん

    ISBNで探すとこちらが出てくるが、タイトルは「働く君に伝えたい『考える』の始め方」。著者出口氏からの、働き始めたぐらいの若者向けの指南書。「知り学ぶ。問い考える。」ということで、常識や当たり前に囚われず、よりよく思考するために「タテ・ヨコ・算数」という三種の思考ツールを身につけ「ファクト・ロジック・数字」で考えること。アンコンシャス・バイアスが考えるを阻害し、勉強することでバイアスは壊すことができ、「人・本・旅」で勉強すること、と。考え行動しようと思う。

  • れいまん さん

    著者の病気後の若い人向けのエッセイのように思えました!自分の頭で考えるには、その始め方をこれ以上ないくらい噛み砕いて教えてくれます!親切だなぁ、大人も読まなくてはね。選挙の投票率が低いのは民主主義がわかってないから!北欧というモデルがあるのだから、日本も自分で考えるために、本を読んで、選挙行って、忍耐強くしましょう!

  • けーむら さん

    知の巨匠、出口治明さんが語る「考える」の始め方。それは、アンコンシャス・バイアス(いわゆる固定観点)を捨てることとされ、本書では具体的な考え方が示されている。 私のお気に入りは「社会はグラデーションでできている」という考え方。「あの人はプロのテニス選手だから、政治的なことに口出ししてないでテニスに集中すべき」等というが、あの人もテニスが世界でX番目にうまいだけの個人。このように人の特徴をグラデーションの中にとらえることで、アンコンシャス・バイアスに囚われずフェアに見ることができる。

  • 具志堅 さん

    バイアスは脳が生み出す。多様性とは、色々な分類があるということではなく、一人一人違うということ。分類は、その時点で型にはめているということ。 ルールに従うのではなく、ルールをつくること。 敗戦を終戦。 テロの要因は貧困。 理不尽は、これまでも存在。 ツール「タテ(歴史)、ヨコ(世界)、算数」 勉強「人、本、旅」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部卒。日本生命入社後、ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生

プロフィール詳細へ

出口治明に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品