古本綺譚

出久根達郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787785190
ISBN 10 : 4787785192
フォーマット
出版社
発行年月
1985年11月
日本
追加情報
:
20cm,260p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 聖月 さん

    ▲古書にまつわる短編集であり、気軽に読める内容である。古書の世界に興味ないと言う方も是非ご覧あれ。評者も、古本・中古本には興味があるが、古書の世界のことは知らない。しかし、古書の世界は幅広いのである。古書蒐集家には、例えば古い紙くずなら、何でも集める趣味の人がいるらしい。古い手紙、古いレストランのお品書、古いチラシ、兎に角何でも集めるのである。そこから見えてくる世界もある。昔の物の値段、昔の暮らし向き等々

  • 澤水月 さん

    930215

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

出久根達郎

1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書

プロフィール詳細へ

その他 に関連する商品情報

おすすめの商品