小さな会社の決算書 読み方・使い方がわかる本 社長、決算書は経営改善に有効な最適ツールです!

冨田健太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784426126704
ISBN 10 : 4426126703
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

目次 : 第1章 上場企業とは違う「小さな会社」の決算書/ 第2章 小さな会社の決算書の読み方/ 第3章 規模別・業態別の決算書の読み方/ 第4章 金融機関や税務署は決算書のどこを見るのか/ 第5章 その決算書でいくら借りられるのか/ 第6章 資金繰りを改善するためのポイント

【著者紹介】
冨田健太郎 : 東京上野の税理士。複数の上場企業の経理部、会計事務所等を経験して独立開業。開業後は、オーナー企業や個人事業者の税務・会計、コンサルティング等をしながら、WEBでの情報提供にも注力しており、自身が運営するサイトは月間20万PV以上の訪問がある。東京税理士会上野支部税務支援対策部委員

安藤祐貴 : 税理士。東京都内の個人会計事務所、税理士法人において8年間にわたり勤務。中小企業や個人事業主に対する経理・会計・税務サービス、上場企業や外資系企業の法人税申告業務や会計・税務アドバイザリー業務等を経験した後、2020年1月に独立開業。東京都渋谷区に事務所を構える。独立開業後は、主にフリーランスや小さな会社に対して会計・税務サービス、業務改善支援や資金調達支援業務等、幅広いサービスを提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紫の煙 さん

    ごく当たり前の事が、分かりやすく書かれている。大企業の決算書を勉強しても余り意味が無いので、実務に役立つと思い購入。小さな会社の社長さん達は、目の前の売上に一生懸命で、決算内容まで気が回らないのか。会社が赤字でも、高級車をやたらと買う人がいるのも事実であり、社員の為に金を使えよと思う。

  • 渡辺駿介 さん

    ちょい難しめ 個人経営目指す人には有用かもしれないけど、1投資家として参考になる部分は少ない 簿記3級の知識ないとしんどいかも 決算書から将来性を見出すポイント、売上、経常利益、自己資本の増加は今後、決算見る上で確認してもいいかも

  • エジー@中小企業診断士 さん

    研修資料作成の参考に。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

冨田健太郎

税理士。複数の上場企業の経理部、大手専門学校の講師、会計事務所および個人事業を経験して独立開業。開業後は、オーナー企業や個人事業者の税務・会計、コンサルティング、講座講師等をしながら、WEBでの情報提供にも注力している

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品