意味も知らずにプログレを語るなかれ Guitar magazine

円堂都司昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784845633562
ISBN 10 : 4845633566
フォーマット
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
221p;19

内容詳細

目次 : ■Part 1: プログレッシヴ・ロックを形作った5大バンドの歌詞世界 / ●ピンク・フロイド・・・自己、彼我、現実、様々に現れる“壁” / 「Arnold Layne」/「Eclipse」/「Wish You Were Here」 / 「Another Brick In The Wall,Part2」 / ●キング・クリムゾン・・・混乱、序章、戦慄/テーマ、暗黒/終章 / 「21st Century Schizoid Man Including Mirrors」 / 「Epitaph Including March For No Reason And Tomorrow And Tomorrow」 / 「The Letters」/「Starless」/「Elephant Talk」 / ●イエス・・・自己探求、自己変革の物語 / 「Roundabout」/「Close To The Edge 4 Seasons Of Man」 / 「Soon from “The Gates Of Delirium”」 / ●エマーソン、レイク&パーマー・・・幻想、SF、現実から成る“三位一体” / 「Tarkus f)Battlefield」/「Promenade from “Pictures At An Exhibition”」 / 「Karn Evil 9 c)3rd Impression」 / ●ジェネシス・・・怪奇と幻想の挟間で自己を見つめる“月影の騎士” / 「The Musical Box」/「Watcher Of The Skies」 / 「Cuckoo Cocoon」/「Land Of Confusion」 / ■Part 2: プログレッシヴ・ロックの裾野を広げた5バンドの歌詞世界 / ●U.K.・・・陰りゆく栄光を憂う四士 / 「In The Dead Of Night」 / ●エイジア・・・時代と共に変革するプログレの先導者 / 「Heat Of The Moment」 / ●ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター・・・ある詩人の思索と内省 / 「Killer」 / ●ジェスロ・タル・・・冴え渡る英国流アイロニー / 「Thick As A Brick」 / ●ムーディー・ブルース・・・ロックをアートに押し上げた草分け / 「The Night:Nights In White Satin」 / *Column / 現実化するディストピアへの反抗 / 漂流するシド・バレットの精神 / デヴィッド・ギルモアと“言葉” / 変遷するピート・シンフィーrドの言葉 / 「Owner Of A Lonely Heart」が描いた新たな肯定 / 拡大するピーター・ガブリエルの視点 / プログレッシヴ・ロックとSF / ■インタヴュー: 翻訳家に訊くプログレの歌詞世界 川原真理子

【著者紹介】
円堂都司昭 : 1963年生まれ。文芸・音楽評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetsuji Yamaguchi さん

    ★★★

  • しゅー さん

    ★★★ プログレの手際良い紹介本にもなっていて個人的にツボです。世界観が重要なプログレバンドにとって、歌詞を誰が書くかは重要なのだなと改めて思います。バンド内の人間関係にも響いてるみたいだし。また、SF やファンタジーからの影響も私の好みと重なる作品が多くて納得。ただ、題名から想像するより歌詞そのものの紹介は少なめ。著作権の関係で英詩を載せられないものも多いとか。残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品