シャッフル航法 河出文庫

円城塔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416359
ISBN 10 : 4309416357
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
351p;15

内容詳細

「そろそろオリオン座が振り向くはずだ」僕らは毎夜、夜空を見上げて過ごす…世界の果てに近い町の青春、太陽系中の食通を唸らせる料理に隠された真実、主人公連続殺人事件。甘美で繊細、壮大でボンクラ、夢みる言葉、踊る文字、胸にしみる小理屈と抒情。円城塔世界が炸裂する、極上の作品集。

【著者紹介】
円城塔 : 1972年、札幌市生まれ。東北大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2007年、「オブ・ザ・ベースボール」で第104回文學界新人賞を受賞しデビュー。10年、『烏有此譚』で第32回野間文芸新人賞、12年、「道化師の蝶」で第146回芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃と共著)で第31回日本SF大賞特別賞、14年、『Self‐Reference ENGINE』でフィリップ・K・ディック記念賞特別賞、17年、「文字渦」で第43回川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Y2K☮ さん

    いずれAIが小説を書き、人間が3Dプリンタで製造される日が来るのだろう。母親の胎内に留まったまま成熟し、何もかも依存しながら他の女を連れ込んで浮名を流す男が現れるのだろう。いつしか自動化が当たり前になり、人が車を運転すれば野蛮と見なされ、人の手でしか生み出せなかった高度な職人芸さえもマニュアル化されて広く伝達されるのだろう。プログラムが人格を持って自律し、AIが夢に焦がれて眠りを求める。そんな未来も朧に視えてくる。森博嗣と似て非なる円城塔。或いは格闘技のベースを持つプロレスラーとプロ格闘家の違いだろうか。

  • なしかれー さん

    短編集。意識は随意運動か。オリオン座は向きを変えるか。ビーバーは論理構造を破壊するか。「この宇宙で最大の数」は存在しない。誰かの視点による存在。話し手は誰か。リフルシャッフル。最後につじつまがあえば良い。などなど。あいかわらず、面白い。面白いけど、何が面白いのか説明できないのが悔しい。言葉の可能性的なことなのか、それとも単純に円城塔に盲目なだけなのか。好き。

  • 塩崎ツトム さん

    円城塔の言葉は美しい。うつくしい言葉の外骨格を、読者の方もまとっているかのような気分になる。文章と分節との間にある隙間から、人格が、艶やかな記憶が沸き上がる。これがパラフィクションだい。

  • シロ さん

    やさぐれた僕がシャッフル航法。シュンシュンシュンシュン設計したのが分からなくなり分からなくなり。あの夜にダイヤの国でシャッフル航法。足りないままに。僕が終わる。ありがとう。たすけて。秘密。嘘。!。Φ。はい!すごく面白かった。僕は

  • ひょろ さん

    表題作、「シャッフル航法」が気に入った。文章をバラバラにして、(おそらくプログラムを組んで)、シャッフルしているだけなのに、何となく意味は通じるし、リズムもいい。 実は(文章の外側で)大変なことになっていそうだが、そうも感じさせない。不思議な小説(?)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

円城塔

1972年、札幌市生まれ。東北大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2007年、「オブ・ザ・ベースボール」で第104回文學界新人賞を受賞しデビュー。10年、『烏有此譚』で第32回野間文芸新人賞、12年、「道化師の蝶」で第146回芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃と共著)で第

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品