韓国かあさんの味とレシピ 台所にお邪魔して、定番のナムルから伝統食までつくってもらいました!

八田靖史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416519936
ISBN 10 : 4416519931
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
192p;22

内容詳細

韓国の家庭にお邪魔して、オモニ(お母さん)にいつもつくっている自慢のレシピを教えてもらいました。

ソウルの都市部に住むかあさんから、世界遺産の街の文化財に指定されている伝統家屋に暮らすかあさんまで、お料理上手のかあさんたちが腕を振るいます。ミヨックッやジョンなどの定番家庭料理から、季節料理のノビルやナズナを入れたテンジャンチゲ(味噌チゲ)、韓国ご飯といったら欠かせないキムチや色鮮やかなナムルなどの副菜も豊富に掲載。

【著者紹介】
八田靖史 : コリアン・フード・コラムニスト。慶尚北道、および慶尚北道栄州市広報大使。ハングル能力検定協会理事。1999年より韓国に留学し、韓国料理の魅力にとりつかれる。その魅力を伝えるべく執筆活動を始め、現在は講演やグルメツアーのプロデュースも行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yomineko@猫屋敷寧ろ暑い さん

    韓国人の元気のパワーはオモニ(お母さん)のお料理パワー!!!各家庭でのオリジナルなお料理が盛沢山でした。でも烏骨鶏の丸焼きの写真でビックリΣ( ̄□ ̄|||)してしまいました・・・ま、丸焼きはちょっと、、、

  • たまきら さん

    とてもおいしそうな表紙の写真に惹かれて読みはじめ、愛のこもった文章にうっとり。感化されて久しぶりにナムルやジョンをたくさん作りました。途中で夫がのぞき込み、大喜び。「このスープとご飯だけで幸せだなあ」とうずうず。彼は韓国を自転車で一周していて、「ここの料理はこうなんだよね…」と懐かしそう。早く韓国に行きたいね。

  • noko さん

    韓国の各地に住むお母さん達に、家庭料理を作ってもらって、レシピを教わる本です。日本も各地色々食文化がありますが、韓国も地域で違うんですね。韓国では手を使って料理する事が多い。手での作業は大事で、ソンマッ(手の味)と表現される。確かに韓国は調理中も食べる時もよく混ぜる。イ・ナンヒかあさんの家が凄い。築500年以上の韓屋で、村全体がユネスコの世界文化遺産になっている。ユン・ジニかあさんは高級志向で、卵が1パック9800ウォン、最高等級の韓牛を使ってお料理をしている。韓国でも各家庭で、使っている物も違うんだな。

  • 渡"邉恵'里' さん

    2020年刊行。6人のかあさんが、毎日作るお惣菜や保存食、おやつなどを紹介する料理本。外食では味わえない、家庭の味特集。韓国の古い家に住み、昔ながらの丁寧な生活を実践するかあさんの作る美しい料理。外国に住んだ経験から「欲しいものがないので、自分でなんでも作れるようになった」行動的なかあさんのアイデアレシピ。大家族で育ち、大人数の親類が行事の際には集まる家のかあさんが作るおおきな料理。生まれ育ちや、その人の考え方、大事にしていることが違って、出来上がる料理も違う。どれもおおらかで、美しく、生命力にあふれる。

  • lovekorea さん

    現在2020年3月。コロナ騒ぎで韓国旅行の予定が吹き飛んでしまったため、この本に慰められております。 早く自由に旅行できるようになって、現地の料理を楽しみたいものですな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品