やがて君になる 佐伯沙弥香について 3 電撃文庫

入間人間

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049131291
ISBN 10 : 4049131293
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
仲谷鳰 ,  
シリーズ
:
追加情報
:
244p;15

内容詳細

『だってわたし、今、あなたのことが好きだもの』
 それは何年ぶりの『出会い』だっただろうか。大学二年生となった沙弥香を慕う、一つ年下の後輩・枝元陽。
 今まで沙弥香が好きになってきた人の誰からも遠いその雰囲気。眩しいくらい積極的に好意を伝えてくる陽に初めは警戒しながらも、やがて彼女からの気持ちに応えるように、沙弥香は恋の形を模索する。
――誰かに恋をする度、星に手を伸ばすようだった。とても綺麗で、ただ届かない。それでも。その星に触れてみたいと、今度こそ。
 沙弥香の恋の物語、完結編。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 芳樹 さん

    本編では決して見ることが出来なかった沙弥香の心からの笑顔がとても素敵で、想いが実らなかった過去を経てやっと手に入れた『幸せ』がいかなるものか。まさに、佐伯沙弥香に<ハル>が来た、ですね。”入間節”で紡がれる沙弥香の心情描写が本当に秀逸で、少しずつハルに惹かれていく沙弥香の気持ちが心にしみ込んできました。ハル、沙弥香を幸せにしてくれて、ありがとう。読み終わって涙が出た。とても良い作品でした。

  • ツバサ さん

    素晴らしいスピンオフをありがとうございました。佐伯沙弥香という、漫画本編だけを見ると1番辛い立ち位置だと思っていましたが、そんなことはなかったんだと思いました。侑や燈子との出会いを糧に、幸せを感じて、前に進んでいて良かったです。

  • 真白優樹 さん

    沙弥香が大学二年生となり、陽という後輩と恋に落ちる最終巻。―――明日はやがて君になり、新たな風はハルを呼ぶ。 変わっていくもの、変わらぬもの。あの日を過ごした彼女達のその後も描かれる中、沙弥香に完全無欠の幸せが訪れる今巻。あの日の傷も、出会いも、今ここに繋がって未来へ続いていくから。そんな真っ直ぐでちょっと初々しくそして甘い、確かな恋が素晴らしい巻である。全部背負ってそして君と一緒に前へ。遅かったけれどようやく訪れた春の予感。どうか彼女に今までの分も含めて幸せが訪れますように。 うん、最高に面白かった。

  • Susumu Miki(Dik-dik) さん

    タイトル通り「佐伯沙弥香について」であると同時に、『やがて君になる』本編の後日談的な要素を併せ持つ1冊。 本編からその予感はあったが、沙弥香と侑の関係こそもはや「親友」と言って過言ではない(笑)。都さんはもちろん、今の沙弥香にとって侑は良き理解者でありある意味「先輩」なのかも。 本編では名前のみ出てきた「陽(ハル)ちゃん」と沙弥香の出会い、そしてその関係がどう変わっていったか読んでいてとても楽しかった。 沙弥香との会話を通じて「まなみど」のその後も知れたのは、本編読者にとって嬉しいサービスでした。

  • おこげ さん

    枝元陽、その名前を決して忘れることはないだろう。なぜなら彼女こそキャンパスライフで出会った何年ぶりの、そして佐伯沙弥香にとっての"ハル"だから🌸航海になぞらえた各章の副題が指し示す道標、その先で待ち受ける予感に心震えながらページを捲ることができるのは沙弥香と陽の為せる空気の仕業。二十歳の誕生日、まっすぐな好意、真っ赤に染まる頬、水中の戯れ…役者は揃った😊付き合ってみて好きになる、それもごく自然な恋愛なんだ☕️笑みがこぼれる表紙イラストに敬服、素敵な恋におめでとう👏何より幸せになってくれてありがとう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

入間人間

1986年生まれ。2007年6月、作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

入間人間に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品