謙虚なリーダーが、組織を強くする 日ハム 栗山監督の「信じる力と伝える力」 光文社知恵の森文庫

児玉光雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334787172
ISBN 10 : 4334787177
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;16

内容詳細

2016年、NPB日本一に輝いた栗山監督率いる日ハム。一方的に自分の考えを押しつけず、選手の気持ちに心を配り、対話を重視。見えない努力を観察し、選手のポテンシャルを信じ抜く―栗山の言動、采配から、これまでのプロ野球監督とは正反対ともいえる、謙虚で熱いリーダー像を探り、「チームの団結心」が生む、強さの秘密に迫る!

目次 : 第1章 栗山采配から学ぶ新時代のリーダー像/ 第2章 眠れる潜在能力をいかに引き出すか/ 第3章 聞く力、伝える力で心を通わせる/ 第4章 メンバーを信じると自ら考え動き始める/ 第5章 栗山に影響を与えた名監督/ 第6章 風通しを良くすると人も組織も強くなる/ 第7章 熱く語るリーダーに人はついてくる/ 第8章 長所を把握し、褒めて伸ばす

【著者紹介】
児玉光雄 : 1947年、兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒業。学生時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本学生選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)大学院に学び、工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、米国オリンピック選手のデータ分析に従事。過去20年以上にわたり臨床スポーツ心理学者として、ゴルフ、テニスを中心に数多くのプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tomotaka Nakamura さん

    栗さんのやり方を、リーダーシップ論から読み解く。栗山さんも猛烈に勉強してるんだろうことがうかがえる。

  • なお@ナイス乞食 さん

    別な本の合間に読んでいたため、読了までかなりの時間を要してしまった。 う〜ん…そうなんだけれどさ。なんだかそれだけでは上手くいかないよね。現に12年・16年の翌年にはえらい結果になってしまったし… もちろん監督はそれをわかっているのだろうけれど、この著者があまりにも褒め殺しの如く書き連ねるからなんだか違和感。理想論過ぎやしませんかね!? 最初は良かったけれど、段々飽きてしまった(それも時間を要した原因の一つ)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

児玉光雄

1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学特別顧問、元・鹿屋体育大学教授、京都大学工学部卒業。学生時代、テニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にも学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品