「ポスト戦後」を生きる 繁栄のその先に

保阪正康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062188524
ISBN 10 : 406218852X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
173p;19

内容詳細

もはや「一億総中流」の時代は去った。そして…ひろがる格差と見えない構造への憎しみ。これが「戦後」の理想の結果なのか?生きづらさの実感を、東アジア世界と歴史のなかに位置づける。道新フォーラム・現代への視点〜歴史から学び、伝えるもの。

目次 : 歴史を語り継ぐ姿勢(丁寧に、丹念に、そして虚心に/ アメリカの国務省が… ほか)/ 「戦後」と「ポスト戦後」のはざま(「戦後七十年」はあるだろうか/ post‐post war ほか)/ 若者の生きづらさと憲法(いま、三十八歳/ 戦後ではじめてホームレス化した世代 ほか)/ トークセッション(言い足りなかったこと/ それには「手順」がある ほか)

【著者紹介】
保阪正康 : 1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒業。ノンフィクション作家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。個人誌『昭和史講座』を中心とする一連の研究で、第52回菊池寛賞を受賞

姜尚中 : 1950年、熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。旧西ドイツ、エアランゲン大学に留学の後、国際基督教大学助教授・准教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授を経て、現在、聖学院大学学長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

雨宮処凛 : 1975年、北海道生まれ。作家・活動家。愛国パンクバンドボーカルなどを経て、2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版/ちくま文庫)を出版し、デビュー。2007年に出版した『生きさせろ!難民化する若者たち』(太田出版)でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。「反貧困ネックワーク」副代表、『週刊金曜日』編集委員、「フリーター全般労働組合」組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    2013年11月4日札幌道新ホールのフォーラムを書籍化(8頁)。保阪氏は、集団的自衛権を許せないという(27頁)。歯止めがきかないという意味で、大きな懸念。地球儀外交は足元の地域から溶解せぬよう、ご注意いただきたい。灯台下暗しにならぬよう。治安維持法と国家総動員法は官僚が運用。いまは昔とちがうとして、特定秘密保護法を強行するのはいかがなものか、とも(41頁)。自由が不自由に置き換えられていくのは、市民にとってたまらない。

  • 在我壷中 さん

    何処まで読んでも理解できない!我が国には宗教、信教の自由は保障されると認める、しかし総理はいけない!と。靖国を否定する方々は総じて批難、批判する。集団的自衛権すらを戦争へ繋ぐ!と、全く理解できない、現状の社会世界へ戦争を望み、政治家へ、ましてや総理へ?もし、だとするならばそれこそ責められるは主権者、有権者ではないのか。靖国反対!大いに結構です。我が国には総理も天皇ですら個人的には宗教信教は自由なのです。キリストの歴史、靖国の歴史、どちらにしても『戦争』『侵略』とそうした歴史抜きには語ることは出来ないのかと

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

保阪正康

1939年、北海道生まれ。同志社大学文学部卒業。日本近代史、とくに昭和史の実証的研究を志し、歴史の中に埋もれた事件・人物のルポルタージュを心がける。個人誌「昭和史講座」を中心とする一連の昭和史研究で菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品