定本佐藤春夫全集 第3巻

佐藤春夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784653033134
ISBN 10 : 4653033137
フォーマット
出版社
発行年月
1998年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23cm,476p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 大正時代、江戸川乱歩登場以前に純文学の...

投稿日:2009/11/24 (火)

 大正時代、江戸川乱歩登場以前に純文学の世界でちょっとした探偵小説ブームがあり、海外の探偵小説を紹介したり、秘密と謎をテーマとした特集がくまれ、翻訳、評論、創作集が雑誌に編まれたことがあった。  そんな中、後に乱歩が指摘するように、探偵小説に造詣の深い事を証明するような評論(随筆)を発表したり、本書籍に収録されている「指紋」の様に本格探偵小説として通用するようなクオリティーの高い作品を残している。  「指紋」は当時海外の小説と比べても犯罪捜査において「指紋」に着目したことに関し画期的であり、その後活躍する江戸川乱歩を始めとする探偵小説家を驚嘆させたという。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤春夫

1892(明治25)年和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に生まれる。1910年上京後、与謝野寛・生田長江に師事。また永井荷風に学び、慶應義塾大学在籍中から「スバル」「三田文学」で詩歌と評論に早熟の才を示した。1918(大正7)年、谷崎潤一郎の推挙により文壇に登場。青春の憂愁を詠う『田園の憂鬱』や、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品