シロガラス 5 青い目のふたご

佐藤多佳子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784037502508
ISBN 10 : 403750250X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
279p;19

内容詳細

超能力がパワーアップした千里たちの前にあらわれた、猫のような青い目のふたご。おとなたちを巻きこみ、神社をゆるがす夜がくる!

佐藤多佳子による長編エンターテイメントシリーズ第5巻。表紙イラストは鶴田謙二。

【著者紹介】
佐藤多佳子 : 1962年東京都生まれ。1989年「サマータイム」でMOE童話大賞を受賞してデビュー。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞を受賞。『一瞬の風になれ』で本屋大賞と吉川英治文学新人賞を、『聖夜』で小学館児童出版文化賞を、『明るい夜に出かけて』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    物語がぐぐっと動いた5巻。子ども達の覚悟も固まってきた感じ。だけど、ああまたこんなところで次巻へ続く…。佐藤さん殺生です。せめてもう少し早めに続きを出してください。

  • ゆみねこ さん

    前作から少し間が空きましたが、読みはじめると一気に引き込まれました。白烏神社に迫る不穏な青い目のふたご。問題は子供たちだけで止めておくことが難しくなり、大人たちを巻き込んで行くことに。新たなステージに向かう千里、直ぐにでも続きが読みたくなりました。

  • ままこ 🎃 さん

    前作から時間が経っていてうろ覚え。徐々に設定を思い出しながら読み進めていく。不穏な存在が現れ怒涛の展開。何が正しくて何が正しくないのか。守る為に意を決して行動に出た千里達。ドキドキするラスト。続きが気になるので今度は内容を忘れない内に早く本を出して欲しい。

  • itico さん

    4巻を読んでから、もう2年半も経ってしまったんだなぁ、としみじみ思いながら読んだ。6人の子供たちに宿った不思議な能力(それも確実に進化している)と、白烏神社を創建した森崎古丹について、もう子供たちだけの秘密にしておけないほど大きな問題になっている。神社に近づく青い目の双子の危険な気配や、偶然見つけた古文書の解読には、大人でさえもドキドキさせられる。いよいよ物語は佳境を迎えようとしている。知りたいことは山ほどある。次を待つしかないのだと思うと歯がゆいなぁ。

  • さつき さん

    待ちに待った5巻。かなり新展開があり読み応えがありました。子供達の能力にますます磨きがかかり、それに合わせて心の成長も見られました。1巻から考えると本当に成長著しいなぁと親心になってしまいます。そして、またすごく気になるところで終わっていて…早く続きが読みたいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤多佳子

1962(昭和37)年、東京生れ。青山学院大学文学部卒業。’89(平成元)年「サマータイム」で月刊MOE童話大賞受賞。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で’98年度日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞を受賞。『一瞬の風になれ』で2007年に本屋大賞、吉川英治文学新人賞、『明るい夜に出かけて』で’17年

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品