仕事の社会学 変貌する働き方 有斐閣ブックス

佐藤博樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784641184039
ISBN 10 : 4641184038
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
佐藤厚 ,  
追加情報
:
240p 21cm(A5)

内容詳細

仕事に従事する人々の多様な働き方と、それをとりまく社会制度・しくみを分析した、わかりやすくバランスよい、産業・労働社会学の基本テキストの改訂版。基本概念の解説、内外の先行研究の紹介、国際比較の視点の重視という初版のコンセプトはそのままに、全体的にデータや記述をアップデートし、「雇われない働き方」の章を新設した。

目次 : 雇用・処遇システム―国際比較と将来展望/ 能力開発とキャリア―これからのキャリア形成/ 技術革新と仕事・職場の変化―テイラリズムからテレワークまで/ 性別職域分離―仕事の中の男性と女性/ 失業と転職―セーフティネットと労働力の需給調整サービス/ ライフスタイルと就業意識―「会社人間」の成立と変容/ 学校から職場へ―風化する「就社」社会/ 生活時間配分―生活と仕事の調和を求めて/ 非典型雇用―多様化する働き方/ 仕事からの引退過程―高齢期のライフスタイル/ 企業と労働組合―労使関係と労使コミュニケーション/ 雇われない働き方―個人請負やフランチャイズオーナー

【著者紹介】
佐藤博樹 : 東京大学社会科学研究所教授

佐藤厚 : 法政大学キャリアデザイン学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KakeruA さん

    労働意欲が企業コミュニティへ依存していた高度経済成長期から趣味や家族などのコミュニティへシフトしてきている今、ワークプレイスそのものの環境を整備することがどれだけ有効なのかは疑問だな。就業時間やオルタナワークプレイスなどの制度見直し、コミュニティシフトを促して労働環境を高めることができるんじゃないか。にしてもやはり、様々な機会の創出としての起業は有効なんだろうなと思える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤博樹

中央大学大学院戦略経営研究科教授。専門は人的資源管理。兼職として、内閣府の男女共同参画会議議員やワーク・ライフ・バランス推進官民トップ会議委員、経産省のダイバーシティ経営企業100選運営委員長など

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品