憲法と君たち

佐藤功

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784788714915
ISBN 10 : 4788714914
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
197p;20

内容詳細

改憲か護憲かで揺れていた1955年。若き憲法学者が、子どもたちに向けて一冊の本を残していた。人間の歴史の中で、憲法は何のために、どのようにして作られてきたのか。そして、なぜ大切にしなければならないのか。憲法の本質を、やさしく語り掛けるように解説。憲法制定に関わった著者が贈る子どもたちへのメッセージ。60年ぶりの名著復刻!

目次 : 1 はじめに―憲法と君たち(憲法ということば/ 憲法は君たちのまわりにある)/ 2 憲法とはなんだろう(人間の社会と憲法/ 憲法のはじまり/ 人民のための憲法のたんじょう/ 「人民の、人民による、人民のための憲法」/ 人間の成長と憲法の成長)/ 3 日本の憲法はどんな憲法か(日本の前の憲法/ 明治憲法/ 日本の今の憲法/ 日本の今の憲法のどこをほこってよいか)/ 4 憲法を守るということ(憲法をやぶろうとするもの/ 多数決と選挙/ 憲法を守るのはだれの仕事だろう/ 終わりに―憲法と君たち)

【著者紹介】
佐藤功 : 1915年3月29日〜2006年6月17日。京都市出身。東京帝国大学法学部で憲法学を学び、同学部助手。兵役で2年間にわたり中国北部を転戦した後、研究生活に復帰。戦後は、政府の設置した憲法問題調査委員会の補助員や内閣法制局参事官として、日本国憲法の制定作業を支えた。その後、行政管理庁勤務を経て、成蹊大学、上智大学、東海大学の教授を歴任。上智大学名誉教授。文化功労者

木村草太 : 1980年、横浜市生まれ。東京大学法学部卒業、同助手を経て、首都大学東京法学系教授。憲法学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 初雪ハロー さん

    憲法記念日に合わせ、読みました。憲法について、改めて考えて、読了しました。

  • れみ さん

    日本国憲法施行から70年のこの日に。憲法制定に深く関わった憲法学者である著者が憲法がなぜ必要なのか誰のためのものなのかということを今から60年前の子どもたちに向けて書いた本。終盤の章にはこの本が書かれた頃の押しつけ憲法論→改憲という主張への危機感が強く滲んでいたけど現在の政治の動きとも気持ち悪いくらい一致していて恐ろしい。憲法はお世辞にも身近とは言えないし憲法改正が自分の生活にどう関係あるのかを想像するのは難しい。だけどそれでも一人一人がよく考えないと改悪されたと分かる頃には手遅れかもしれない。→

  • Miyoshi Hirotaka さん

    「憲法が君たちを守る、君たちが憲法を守る。」憲法の制定に関わった憲法学者が、父母兄弟が戦争を経験した少年少女の読者向けに書いた入門書。リンカーンやガリレイを引用しながら、民主主義、基本的人権、平和という3つの絶対的価値を少数派になっても守るように説いている。当時、核保有国は米英ソの三カ国で、ICBMもなかった。戦争は、正面装備をした軍隊の戦闘で、テロ、サイバー攻撃、島嶼の占拠や埋立、不法移民やなりすまし軍隊は想定されていなかった。3つの価値は変わらないが、それを実現する枠組みは時代により変わるべきなのだ。

  • クサバナリスト さん

    佐藤先生の『日本国憲法概説』を基に学生時代、憲法を学んだ。本著は全く知らなかった。これは、現代の中高生が憲法や政治に触れるための基本書としても十分に通用する、とても分かりやすい内容だった。

  • はまゆう さん

    確かにこれは現代人に読んでほしいかも…後、合わせて伊坂幸太郎の魔王も読んでみたら面白いかも…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品