人たらしの流儀 PHP文庫

佐藤優

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569679587
ISBN 10 : 4569679587
フォーマット
出版社
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
229p;16

内容詳細

北方領土問題など対ロ外交の最前線で、情報(インテリジェンス)活動を行ってきた「知の怪人」が、対人術の要諦を講義形式で公開。情報の収集、分析、読書術、交渉事のかけひき、お金との付き合い方、人脈を広げるコツから活かし方まで、具体的事例を交えながら、対人関係の中で自分の能力を高めるノウハウを伝授する。相手を惹きつけ、意のままに動かす―ビジネスでも役立つ、究極の交渉術。

目次 : インテリジェンスとインフォメーションの違い/ 正しい情報を取るための二つのルール/ インテリジェンスとランチ/ 天に宝を積む/ いい本の選び方、いい読み方/ インテリジェンス的情報収集術―新聞と嘘/ ローンとホノラールと貨幣の品格/ 人間として失ってはいけない大切な感覚/ 聞き上手になる/ 相手についている「見えない値札」を見抜く/ 小さな嘘で相手を見抜く/ 異業種交流会は夢への架け橋!?/ オウム返し話法とお金の哲学/ 人脈のメンテナンスと耐エントロピー構造/ テクネーとエピステーメー

【著者紹介】
佐藤優 : 作家。元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。1985年に同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課において、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、2005年に執行猶予付き有罪判決を受ける。2009年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2005年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年に『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
参考になる内容だった。 これを実践すれば...

投稿日:2013/08/10 (土)

参考になる内容だった。 これを実践すれば人脈が広がるかも。 一読の価値あり。

kei さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • gonta19 さん

    2013/3/5 Amazonより届く。 2017/2/17〜2/20 佐藤優氏の対人術。異能の編集者、小峯隆生氏との15章からなる対談形式で語られる。人との関係をどう構築するか、は大事なことであるが、駆け引きが苦手でいつもストレートにやってしまう私にとっては、とても参考になった。が、実際できるかと言われると難しいだろうなぁ。仕事の上では打算的に付き合うことも必要なのだろうが、そういうのは苦手だなぁ。すでに良いおっさんだが、そういうところはまだまだ子供なんだろうなぁ。反省。

  • masabi さん

    外交官時代に培った人たらしの方法。原則としてはやるべきことをやり、やってはならないことをしない人になることだ。人脈を作るには相手に何を求めるか、自分は何を提供できるかを予め定めておき、接触する相手を事前に調べておく。ファースト、セカンドコンタクトで相手の好みや土俵を把握して自分の勝てる土俵に引き摺り込むことが必要だ。そのためにも専門分野の研鑽は元より話の引き出しを豊富に揃えることが求められる。3ヶ月に3回会うないし昼食を共にすること。

  • 緋莢@感想お休み中 さん

    意のままに情報を引き出し、相手を虜にするための力「人たらし」。閉塞的な社会状況で国家や会社等に騙されないために、「人たらし」の力をどのように鍛えていけばいいか?インテリジェンスとインフォメーションの違い 正しい情報を取るための二つのルール、良い本の選び方と読み方など“知の巨人”が伝授する対人術の要諦。

  • D さん

    学び得たものをいかに、生活に役立てていくかについて。知識を得ることに盲信するのではなく、いかに利用するかということを念頭におくかが分かれ道なのであろう。

  • 0607xxx さん

    思っていたより楽しく、面白かった。人たらしとはいかないまでも、良い対人関係を築くために使えそうな事が多々あると思います。難しい本ばかり読んでいるイメージの佐藤さんでしたが、お薦めの本で中村うさぎさんの作品が挙がっており、驚きました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

佐藤優に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品