螢火ノ宿 居眠り磐音 16 決定版 文春文庫

佐伯泰英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167913717
ISBN 10 : 4167913712
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
352p;16

内容詳細

吉原にいる奈緒が山形の紅花商人に身請けされることになった。それを阻止せんと不穏な動きありとの噂に、坂崎磐音の胸はざわつく。ある絵師は言った。「未来永劫、未練の糸を断ち切れないのが男と女です」。覚悟を固めた男の手を、おこんは黙って握った。やがて罪なき禿が殺される。過ぎし日の許婚を守るため、磐音は吉原へ急ぐ!

【著者紹介】
佐伯泰英 : 1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    再読ですがやはりかなり忘れています。こんなに早く主人公の元いいなずけである吉原の大夫が落籍されるとは思っていませんでした。それを邪魔するものに対しての対応などが描かれていてあっという間に読んでしまいました。両替商の再婚の話も進んでいます。

  • yamatoshiuruhashi さん

    白鶴太夫が落籍されるがそれを人死にまでだしても妨害しようとする輩がいる。坂崎磐音はこれを自ら守り抜こうとする。白鶴は知らぬことだったはずなのに...。で、多分、これはめでたしめでたし、だと言ってよいのだろう。白鶴も奈緒に戻ったことだし。痛快時代劇ですね。

  • Akio Aratani さん

    白鶴太夫がこんなに早く落籍されたんだな!読んだのに

  • Yu さん

    あー、切ない… 何という展開…

  • あきのぶ さん

    奈緒が身請け。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐伯泰英

1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表。文庫書下ろし作品のみで累計6500万部突破の快挙を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

佐伯泰英に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド