食戟のソーマ 30 ジャンプコミックス

佐伯俊 (漫画家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088814117
ISBN 10 : 4088814118
フォーマット
出版社
発売日
2018年07月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

連隊食戟もFINAL BOUT突入!! 最強の十傑・司と竜胆を前に、反逆者達の命運は創真とえりなの料理に委ねられた!! 果たして、最終決戦の結末は…!? そして、えりなと薊の父娘が辿り着く「真の美食」とは!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    ついにえりなソーマがやってくれた感じ。おさずけ、おにやけ、おはだけ菜切家面白すぎる笑。その後が次巻楽しみだけどもしかして雰囲気的には終わるのかな?

  • トラシショウ。 さん

    「これが俺とお前の食戟(やりかた)だろ、かかって来いよ」。連隊食戟最終局面、遠月十傑第一席、第二席の司瑛士、小林竜胆の完全な連携によるテーマ「真の美食のコース料理」が炸裂する中、互いに主張を譲らず、落とし所を見つけられぬままにこれに挑む創真とえりな。前菜にしては明らかに主張し過ぎな「漫画肉」を繰り出した創真の思わぬ「食戟」発言にえりなが編み出す「回答」とは。長かった連隊食戟編、遂に完結。味覚の認知の波及により、周りの者の衣類が爆音と共に脱げる「おさずけパルス」とかオカルトかな(笑)?(以下コメ欄に余談)。

  • ちーさん さん

    やっぱりこの漫画のヒロインはえりななんだな。何というかこの連帯食戟がえりなの再生物語みたいで。薊の思想も分からなくはないが、自由のない所に創造はない。産む苦しみは達成によって救われる。緋沙子のお友達だ発言は感動です。おさずけパルスはやはり分からん。薙切家の直系の血じゃなくてもできるのね。ただ女木島先輩や久我先輩、美作はえりなの料理でおさずけパルスが連鎖しているなか下着姿にはならなかったね。美少年や美女、美少女のおさずけは目の保養になるが、おっさんのおさずけはね・・・。

  • くろまる さん

    連隊食戟、決着!! 創真達を勝たせる事は決まっていた事だけど課題になっていたであろう「どう、勝たせるか?」の描写、えりなを主人公として描く事で彼女の成長を描いたのはいい描写だったし、ネタと描かれていたゲソピーを大真面目に調理の食材とする事と締めのあのセリフも含めていい決着の仕方だった。

  • 河瀬瑞穂@トマト教司祭枢機卿@MMM団団長 さん

    あの原始人の肉、喰いてぇ(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

佐伯俊 (漫画家)に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品