食戟のソーマ 28 ジャンプコミックス

佐伯俊 (漫画家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088813219
ISBN 10 : 4088813219
フォーマット
出版社
発売日
2018年02月02日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

叡山の妨害料理により追い込まれるタクミ。だが、その表情は自信に満ちていた。タクミが披露するイタリア料理の先を拓く品とは!? そして創真と田所も勝利へ向け執念を燃やす! 白熱の3rd BOUT、決着!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    ソーマ主人公だけど少し食戟あっさりしすぎなような気がした。

  • トラシショウ。 さん

    タクミ・アルディーニVS叡山枝津也「(お題)牛肉」、田所恵VS茜ヶ久保もも「リンゴ」、そして幸平創真VS斎藤綜明「バター」。磨いた技と姑息な策謀、重ねた努力と天性の感性、連ねた幾つもの技とたったひと振りの刃が激突する3rdBOUTの決着から、ラス前の4thBOUTの導入まで。敗北が次の勝利への道筋を作る、と言う2ndBOUTでの補強が功を奏して、概ね予想通りな展開で勝者敗者双方に花を持たせる事に慣れて来たかな、と言う印象。連戦する事で格上な筈の遠月十傑に敗北フラグを積み立てている訳だ(以下コメ欄に余談)。

  • くろまる さん

    タクミVS叡山は敗北から学んだものとそうでないものの差が出て明確な結果で終わった。ピザを半月に見立てた演出はにくい。創真VS斎藤は互いに譲れぬ信念であったけれど個の力を磨いた斎藤に対して自身の力だけでなく仲間の力を結集して勝つ展開は熱かった。恵VSももは成長著しい恵ではあったけれどここは自力の差が出て負けてしまうのは必要な展開だったか、そして恵の悔し涙を見て遂にえりなが出陣、食戟のシ−ンは初めてである彼女の実力はどれ程のものか次巻も期待したい

  • ちーさん さん

    3rdBOUTが終了。叡山先輩はやっぱりヤラれ役でした。タクミのストーキングが上回った展開だった。見所は田所ちゃんの涙。悔しかったよね。四宮コーチからも一目置かれていたし。彼女の良さは派手なキャラ多い中でその素朴さでこの作品の癒しになっている所だ。仲間のためを思い涙する姿は本当にいい娘なんだな。そしてその仇を討つべく茜ヶ久保先輩に挑むのはえりな様。反逆軍の女子同士の仲が良くなってきたのかな。扉絵の騎馬戦の体操着は女子はブルマですか?こういう服装みると高校生なんだなと改めて思う。

  • キリル さん

    案の定叡山先輩かませ犬にされてますね…今巻は結構迫力あふれるコマが多かったです。食戟中のタクミのあのシーンは普段のかっこいい彼とはあまりにも対照的でとてつもない執念を感じさせるものでした。リング上の恵は四宮コーチの指導で自身の甘さを抑えた、これはやる気できてますわと感じました。食戟終了後の涙は今までの彼女ならここまで感情を表に出さなかっただろうなと思うと感慨深いものです。いよいよ大将のえりな嬢が出陣でどんな料理を見せてくれるのか楽しみです。今回の料理の中では素朴ですがどら焼きがとても食べたいと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

佐伯俊 (漫画家)に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品