図説 フランスの歴史 ふくろうの本

佐々木真

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309763170
ISBN 10 : 4309763170
フォーマット
出版社
発行年月
2022年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;22

内容詳細

フランスらしさとは何か?フランス革命の「大義」がその後に与えた影響とは?ロシアのウクライナ侵攻を受け、激動するヨーロッパ。パンデミック、格差の拡大、移民問題―揺れるフランスの最新情報と今後を俯瞰する!壮大で華麗、時に過酷な歴史をケルト・ローマ帝国の時代から現代までを解説する。決定版!!

目次 : ローマとフランク王国/ カペー朝の成立/ フランス王国の発展/ 百年戦争とヴァロワ朝/ ルネサンス王政/ 宗教戦争とブルボン朝の成立/ 絶対王政の輝き/ 一八世紀の政治と文化/ フランス革命とナポレオン/ 一九世紀のフランス/ 第三共和制の成立/ 現代のフランス

【著者紹介】
佐々木真編 : 1961年東京都生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現在、駒澤大学文学部教授。近世フランス史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takakomama さん

    「フランスの歴史や建築、芸術」の社会人講座の予習と復習。増補2版で、2016年以降が追加されてます。何度読んでも、王様の名前がまぎらわしくて、覚えられません。

  • takao さん

    ふむ

  • ちょろちょろ鼠 さん

    図説と書いてあるわりに難しめの本だった。(私の勝手な図説本感覚)革命から第3共和政あたりのみ読む。

  • k さん

    読んだ端から忘れてしまうが今まで目にした本や漫画、ドラマを頼りに読み終えた。歴代の王の即位に際して連綿と続けられてきた治癒儀礼、政教分離法、ライシテなど宗教がらみの話題が印象に残った。ライシテ推進の一方で敗戦の国民の心を癒そうと教会を国家の援助で作ったりもしている。啓蒙思想がフランス革命を作り上げたのではなくフランス革命が啓蒙思想を作り上げた、というように見解が修正されようとしているというのも面白かった。確かに思想家たちはフランス革命など予測できなかっただろうし。

  • NAGISAN さん

    19世紀末〜20世紀にかけて、第三共和政時代に関心(世紀末、ベルエポック)をもって読書。ちょっと手薄の印象をもったが、フランスの歴史全体を眺めるのにはちょうど良い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品