Running Pictures 伊藤計劃映画時評集 1 ハヤカワ文庫JA

伊藤計劃

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150310912
ISBN 10 : 4150310912
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
追加情報
:
307p;16

内容詳細

著者が生前運営していたホームページで書き続けていた映画コラムを2分冊で完全収録!


【著者紹介】
伊藤計劃 : 1974年10月東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。同書は「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、人気ゲームのノベライズ『メタルギアソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』に続き、オリジナル長篇第2作となる『ハーモニー』を刊行。第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を受賞。2009年3月没。享年34。2011年、英訳版『ハーモニー』でフィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 里愛乍 さん

    伊藤計劃さんの彼独特の言葉によるこの時評集は、もはや自分にとって単なる映画紹介でも批評でもなく、ひとつのジャンルを超えた読み物となっています。辛辣で皮肉が効いていて、時にはクスッとしたりはっとさせられたり、結構厳しいこといってるようででもまったく嫌な気持ちにならないのは、ここに揺るぎない筋の通った意見と作品に対する愛を感じる事ができるから。奇しくも今、伊藤計劃の小説が映画となり公開中でありますが、彼ならどんな風に紹介≠オてくれただろうか…なんて、そんな絶対にあり得ない不謹慎なIFを考えてみたりした。

  • 絹恵 さん

    劇場に足を運んで映画を観るということは、作品の内容はもちろん大切だけれど、それ以上にその空間・時間を楽しみに行っているところが大きいと感じます。だから原作ファンであるのか、それとも劇場化されて知るのかという立場の話でものを観るのではなく、純粋な好奇心に従うことで、作品に添うことが出来るのだと思います。ライフスタイルの一部であるからこそ、その取捨選択は彼をよく表していました。

  • HANA さん

    伝わってくるのは、まず映画への愛。そしてこれらが紛れもなく伊藤計劃作品であるということ。僕自身映画をあまり見ていないため、収録されている映画の一部しか知らないのであるが、それでもここまで愛情を持って紹介されると次から次へと見たくなってくる。同様に新しい視点、解釈から映画を見る事を教えられるため、見た映画ももう一度見たくなってしまう。あと本文の前に細字で紹介文があるんだが、これが時期を追うごとに小説の文体へ近づいて行っている。読みながら少し感傷的な気分になったので、ここに記する次第。

  • ソラ さん

    映画はほとんど見てこなかったので、この時評集を見てみたくなった作品が増えた。

  • F さん

    本書は著者が1997年から2000年の間にホームページに綴った映画時評をまとめたもの。後の著者の創作に影響を与えたであろう作品群へのコメントであり、細部へのこだわりなど、著者の映画、ひいては物語への美意識を窺い知れるテキスト群となっている。文体や後の作品へのテーマを掴んでいく過程とも読めて大変に興味深かった。それから余談だけど紹介されている映画のほとんどは観たことがあって、なんだかとても伊藤計劃氏を身近に感じることができた。あ、お話できたら面白そう、と。どうあっても叶わないことですが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤計劃

1974年生まれ。2007年に『虐殺器官』(早川書房)で作家デビュー。2009年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品