ザ・まさこスタイル あたまからつま先まで

伊藤まさこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838725625
ISBN 10 : 4838725620
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
追加情報
:
123p;26

内容詳細

スタイリスト・伊藤まさこさんの春夏秋冬、季節ごとのお気に入りコーディネートを全公開。ウソ偽りのないおしゃれ哲学を披露していただきました。

ワードローブや靴、小物の紹介はもちろん、肌のお手入れのこと、収納のこと、下着のことまでつつみ隠さず、おとこまえに。  
1冊まるごと、まさこさんのおしゃれについておしゃべりした本といってもいいかもしれません。聞き手は雑誌『クウネル』でおなじみの、鈴木るみこさん。
ちょこちょこイケズな質問をしては、真実をひきだしていきます。伊藤まさこさんの、あたまからつま先までぴかぴかのつるつる、の理由はどんなところにあるのか?ぜひご一読ください。


【著者紹介】
伊藤まさこ : 1970年神奈川県横浜市生まれ。文化服装学院デザイン科卒業。料理や雑貨のスタイリストとして女性誌や料理本に携わり、その後自分の服作りから暮らしの道具や生活、京都や松本などを紹介して人気者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • itoko♪ さん

    春夏秋冬、それぞれの季節のおしゃれを楽しむコツがいっぱいです。「マリメッコは七難隠す」と知っても、お値段は可愛くないですけれど。足先、手先のお手入れをすること、そしてたまにはスカートも穿こう!と思いました。この歳になって、ピアスを開けようか悩み中。【耳の下にこぼれるように付ける】という言葉にやられました(笑)影響受けまくりです。何を隠そう、まさこさんと同い歳なんですよね。

  • Moemi さん

    図書館で借りました。今まで伊藤まさこさんは京都の観光本でお世話になった程度でしたが、この本を読んですっかりファンになってしまいました。もうお洋服から化粧品から小物まで全てが素敵すぎる!部屋着までコーディネートを網羅してくれているのも嬉しいです♡ミネペルホネンやマリメッコなど手の届かないお値段のものも多いですが、最近ファッションの系統が迷走している自分にとっては指針になってくれるのではないかと思える内容でした。

  • 野のこ さん

    伊藤さん憧れます。そろえることは出来なくても、全ページにときめいて見ているだけでキュンキュンしました♡特にミナのデザインが可愛かったです。そしてところどころに伊藤さんが実際に着ててとても似合ってて素敵でした!もっと大きく載せても良いのに。鉄則 足もと「女」のアドバイスで、最近気になってる赤い形がきれい目なフラットシューズを買おうかなぁとお財布がゆるくなりそうです(笑)

  • ann さん

    今年こそ、マーガレット・ハウエルの白いシャツが欲しい!と、毎年思ってます。バッグや小物は参考にさせてもらいますが、さすがにハンロの下着やミナ・ペルホネンのワンピースはあんなに大量に買えませんし。ミナの着こなしは甲斐さんの方に好感。

  • アコ さん

    さすが伊藤さん。よいお値段の質のよい服や靴をたくさん所有されていて素直に羨ましい。個人的にシンプルできれいな形のワンピースは大好きなので見ていて楽しい。(たまに年齢的にガーリーすぎるものも…笑)普段カラフルな色は敬遠しがちだけど、いくつか手元に置くのもいいかな。特にミナとマリメッコワンピの色合いとフォルムにうっとり。残念なのは本人のご希望なのか着用写真が少なく小さいこと。平置きではなく全体のシルエットも見てみたかった。対談形式の文章は好き嫌いが分かれそうな『まさこ節』といったところかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤まさこ

1970年生まれ。文化服装学院でデザインと服作りを学ぶ。暮らしまわりのスタイリストとして女性誌や単行本で活躍。モノを見極める確かな目と日常を楽しく彩るセンスが幅広い支持を集めている。最近では、「欲しいものを作る」をコンセプトにWebサイト「ほぼ日」内のweeksdaysという店のディレクターもつとめ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品