ゆずこの形見

伊藤たかみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022796
ISBN 10 : 4309022790
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
186p;20

内容詳細

妻が出張先のホテルで死んだ。実は男との浮気旅行だった。幼い息子と土産の冷凍カニを残された夫は、妻の本心を探るため、不倫相手に会いにいく。各紙で絶賛された、芥川賞作家の最高傑作!

太一と息子は、食べていくことでゆずこの死を受け入れていく。これは「文学」の言葉であるという稀有な感触をもった傑作だ——田中和生氏(毎日新聞)

【著者紹介】
伊藤たかみ : 1971年兵庫県生まれ。95年『助手席にて、グルグル・ダンスを踊って』で第32回文藝賞を受賞しデビュー。2000年、『ミカ!』で小学館児童出版文化賞、06年『ぎぶそん』で坪田譲治文学賞。『八月の路上に捨てる』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    いいなぁ〜、伊藤たかみさんの文章は。特に何がというワケではなく、この魅力を伝えるのには正直、本当に言葉を選ぶのに悩んでしまいます。特別に心理描写が秀でているワケでもなく、情景描写がココロうつワケでもなく、大きな感動やハラハラする展開が繰り広げられるワケでもないのですが、どういうワケか作者さんの描く‘至って普通のごくありふれた日常’にすっかり魅せられています。妻が出張先で亡くなり、しかもホテルで浮気相手と一緒だったということを知らされた夫と一人息子の再生がジワりと沁みてきます。読みやすさが一番の理由かも。

  • hiro* さん

    妻が死んだ。突然、知らない男性と一緒に行った旅行先で。冷蔵庫の中には、たくさんの作り置きのおかずと毛ガニが1杯残されている。…妻ゆずこの残したおかずを消費していくことで、妻とのことを自分なりに片付けていこうとする夫の気持ちが切ない。残されたカニの中に、不倫をしながらしっかり家計簿をつけるゆずこという不条理な女が、カニミソとして住みついている、と言うフレーズが著者っぽく、そのカニを間男に食べさせるという仕返しを成し遂げ、晴れて踏ん切りがついた太一が嫌いになれなかった。伊藤たかみさん、やっぱりすごく好きです。

  • じいじ さん

    悲しい題材なのに、何とも言えぬ心地よさで読み終えた。主人公は、亡きゆずことその夫、そして長男裕樹の三人。助演は妻が残した冷凍カニ(妻の形見)。ゆずこが旅先のホテルで急死。男と一緒だった。唐突過ぎる妻の死、その妻を恨み憎む心と、忘れられない妻への感謝と想い出の狭間で揺れ動く太一の心情を、丁寧に描きつづられた物語に心が打たれる。時折顔を出すピリッとサビの利いた皮肉の言葉が笑いを誘う。上等なスルメを噛みしめた時のように、ゆっくり味わうといい味が滲み出てくる素敵な小説です。形見の冷凍カニが好演技をみせてくれます。

  • みかん さん

    突然死した妻は不倫してた。冷凍庫に残されたのは大量の作り置きされた惣菜と毛ガニ。それをどうするか子供と悩む。 もう一編は変わった持病の持ち主。性交時頭痛。それに夢見の練習も加わって夢の中のような話も挟まれる。別れた後に彼女らしく無いものをとっておくってある意味いいかも。

  • chimako さん

    伊藤たかみさんは『ミカ!』『ミカ×ミカ!』が好きで芥川賞受賞のときは少し驚いたのを覚えている。中篇2篇が収録されているが表題作が好み。不倫旅行先で妻が急死……“いやはやなんとも”な設定なのにまったりと物語は進む。小さな息子、死期間近の友人、妻の不倫相手、気の置けない異性の同僚との日常に『夢見入門』などという眉唾物としか思えない本が非日常を連れてくる。形見とも思える妻が残した冷凍食品は彼にとって何だったんだろう。不倫旅行先から贈ってきた毛ガニを不倫相手に食べさせるシーンは鬼気迫るものがあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤たかみ

1971年、兵庫県生まれ。小学校から高校卒業までを三重県名張市で過ごす。1995年、早稲田大学政治経済学部在学中に「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」で第三十二回文藝賞を受賞して作家デビュー。2000年、『ミカ!』で、小学館児童出版文化賞。2006年、『ぎぶそん』で坪田譲治文学賞。同年、「八月の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品