CD

『伊福部昭百年紀』第1集 齊藤一郎&オーケストラ・トリプティーク

伊福部 昭(1914-2006)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3SCD0016
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

『伊福部昭百年紀 Vol.1』
ゴジラ、海底軍艦、地球防衛軍、国鉄で祝う生誕100年!
NHKのニュースで特集され、東京新聞のトップ記事などで
話題沸騰のコンサートがCD化!


・なぜ伊福部音楽はこれほど我々の心を捕らえて離さないのか?(作曲家 和田薫)
・映画で聴いたそのままの音楽が、最新の演奏・録音で聴けるのは、最高の贅沢です
・ホールに轟くグランカッサの爆音に驚愕! まさにキングギドラの襲来だ!
・少年時代の記憶が鮮やかに甦る

日本が世界に誇る特撮怪獣映画「ゴジラ」。そのテーマ音楽を作ったのが作曲家、伊福部昭(いふくべ・あきら[1914-2006])です。「ゴジラ」は2014年に公開60年を迎え、さらにハリウッド版が全米公開されました。世界中で愛されるテーマ音楽の作曲者生誕100年を祝って、第1作「ゴジラ」(1954)や「地球防衛軍」(1957)や「海底軍艦」(1963)等から主要音楽をそれぞれ15分ほどの組曲に再構成。幻の国鉄映画の音楽による「国鉄」組曲も大きな話題となりました。オリジナル楽譜による大迫力のオーケストラ・サウンドは至福の喜びとなりましょう。
 演奏はプロ奏者精鋭によるオーケストラ・トリプティーク(伊福部昭生誕100年記念の約100人編成!)。指揮は国内外で活躍し、ダイナミックな音楽づくりに定評のある齊藤一郎(京都フィル音楽監督)。ゴジラだけでなく数々の特撮映画や黒澤映画の音楽も担当して日本映画の黄金期を支えた巨匠・伊福部昭による珠玉の音楽をフル・オーケストラで堪能できる貴重なCD。くれぐれもお聴き逃しなく!(TOBU)

【収録情報】
伊福部 昭:
・『銀嶺の果て』より
・国鉄組曲(「国鉄」「つばめを動かす人たち」「雪にいどむ」より)
・ゴジラ組曲
・海底軍艦組曲
・地球防衛軍組曲
・交響ファンタジー『ゴジラVSキングギドラ』よりV-VII

 伊福部昭百年紀合唱団(女声合唱:ゴジラ組曲)
 オーケストラ・トリプティーク
 齊藤一郎(指揮)

 録音時期:2014年2月1日
 録音場所:東京、すみだトリフォニーホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 収録時間:75分47秒

 コンサート主催:伊福部昭生誕百年紀
 協力:伊福部家/東宝ミュージック株式会社
 録音:アオイスタジオ(武藤和雄、市川文武)
 CDデザイン:山口翔悟
 発売元:スリーシェルズ(企画:西耕一)

内容詳細

2014年2月1日に行なわれた伊福部 昭のトリビュート・コンサートのライヴ。初めて映画音楽を担当した「銀嶺の果て」(1947年)から「ゴジラ」に代表される1950〜60年代の映画音楽が中心で、プリミティブな力強さをシャープに打ち出した演奏によって、今なお根強い人気を誇る伊福部作品の真髄に迫る。(直)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
伊福部昭生誕100年ということで今年は何枚...

投稿日:2014/06/20 (金)

伊福部昭生誕100年ということで今年は何枚ものディスクが発売されているが、単なる編集もの・再発ものや、資料的価値しかないものが多いのが実情。その中でこの1枚は、文句なしに充実した内容で傑出している。どれも気合が入ったハイレベルな演奏であり、伊福部特有の重厚なサウンドやリズムの躍動感などが存分に表出されている。加えて、どの組曲も音楽だけで十分に楽しめる構成になっており、その点でも満足度が高い。「国鉄組曲」は、のちのSF特撮映画で登場する動機がたくさん登場しており、特撮系のファンは必聴。とにかく、この調子でVol.2以降も発売されるのが待ち遠しい。なおライブ録音となっているが、会場のノイズは少なく、拍手も入っていない。

月詠紀行 さん | 宮城県 | 不明

0

伊福部 昭(1914-2006)に関連するトピックス

おすすめの商品