Happy Box PHP文芸文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569764542
ISBN 10 : 4569764541
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
282p;16

内容詳細

ペンネームに「幸」の付く五人の人気作家が、「幸せ」をテーマに紡いだ小説アンソロジー。結婚披露宴を舞台にサプライズと感動が盛り込まれた「Weather」(伊坂幸太郎)、おばあちゃん掏摸師を主人公にした「天使」(山本幸久)、SFテイストの「ふりだしにすすむ」(中山智幸)、溺め手から幸せに迫った「ハッピーエンドの掟」(真梨幸子)、幸せの対極的な存在を登場させた「幸せな死神」(小路幸也)の五つの物語を収録。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971年、千葉県生まれ。東北大学卒。2000年に『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。04年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を受賞。08年に『ゴールデンスランバー』で第21回山本周五郎賞と第5回本屋大賞をダブル受賞

山本幸久 : 1966年、東京都生まれ。中央大学卒。編集プロダクション勤務などを経て、2003年に『アカコとヒトミと』(『笑う招き猫』)で第16回小説すばる新人賞を受賞してデビュー

中山智幸 : 1975年、鹿児島県生まれ。西南学院大学卒。2005年に「さりぎわの歩き方」で第101回文學界新人賞を受賞してデビュー。08年には「空で歌う」が第138回芥川賞候補にノミネートされた

真梨幸子 : 1964年、宮崎県生まれ。多摩芸術学園(現・多摩美術大学)卒。2005年に『孤虫症』で第32回メフィスト賞を受賞してデビュー

小路幸也 : 1961年、北海道生まれ。広告制作会社勤務などを経て、2002年に『空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp‐town fiction』で第29回メフィスト賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小梅 さん

    ペンネームに「幸」の付く作家5人の「幸せ」がテーマのアンソロジー。小路幸也「幸せな死神」が良かったなぁ〜真梨幸子さんは苦手でした。

  • りゅう☆ さん

    女遊びが絶えない友人が結婚。結婚前に再び女の影が?まさかの企みに感動の伊坂幸太郎さん。ベテラン掏摸師が哀れな姉弟を助ける。でも待ち受けてた結末は…幸せと思えたことがよかった山本幸久さん。「僕ね、君の生まれ変わり」と言って現れた老人。怪しげながらも彼と過ごした日々は有意義だった中山智幸さん。傍から見たら幸せに見えても、当事者はそうでもない場合もある。重苦しい雰囲気漂うのはさすが真梨幸子さん。死神が幸せを感じた時、ちょっぴり切なかった小路幸也さん。イライラしたり凹んだりもするけど、その先に見えるのは「幸せ」→

  • のんちゃん さん

    夫の本棚から。名前に“幸”という字が入る5人の作家による“幸”に関する物語のアンソロジー。なかなか粋な企画だ。そして大当たり‼︎中山智幸氏と私がイヤミスが苦手で読まず嫌いだった真梨幸子氏が初読みだったが、どのお話も頁をめくる手が止まらなかった。特に読メ登録以前からのお気に入り作家さんである山本幸久氏と小路幸也氏のお話は優しく楽しくわかり易くあるのに、読後に静謐な余韻を残してくれる作品で、大好きだ!初読みのお二人、それから、伊坂幸太郎氏の作品もこれからつとめて読んでみよう!という気にもさせてもらった。

  • papako さん

    バレンタインにしあわせな本が読みたくて。二勝三分かな。伊坂さんにまず泣かされて、久々の山本作品にもグッときました。初めて読んだ中山智幸作品はなんとなく。真梨幸子、ちょっと苦手。小路幸也、なんとなく。でも、あったかい気持ちになれました。

  • ゆかーん さん

    タイトル通り『幸せ』が詰まった物語だと思って手に取ったのですが…。そこまで『幸せ』ではなかったです(笑)特に真梨幸子さんの『ハッピーエンドの掟』は、全然ハッピーエンドと思えず…!最後に友達の放った一言で、不幸のどん底に突き落とされる少女が可哀想でした。個人的に良かったのは『幸せの死神』でした。人の死ばかり看取ってきた死神にとって、『幸せ』と感じる瞬間はあるのでしょうか?彼が生涯見ることのできないもの、それは『生命の誕生する瞬間』。死と隣り合わせの『生』を感じる時こそが『幸せ』だとは恐れ入りました!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルの鴨とコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、短編「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)、08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞・第

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品